海外移住コラム

ロングステイ財団が国内外のロングステイ希望先を発表!.

先日、ロングステイ財団から国内・国外のロングステイ希望先が発表されました。あくまでもアンケート結果なので、場所に対するイメージに左右されている部分も多いかとは思いますが、毎年ランキングに登場する場所は、それなりに理由がありますよね。

 

1.ロングステイ人気都道府県トップ10を発表

2015年ロングステイ人気都道府県1位は8年連続「沖縄」です。2009年から上位4つは変動がありません。注目は、福岡県が徐々に上位に食い込んできていること。実は福岡県に8年住んでいたことがあるのですが、もし日本で再び住むことがあれば、福岡県がいいなと思っています。

 

一方、最近、プロブロガーでお馴染みのイケダハヤトさんが移住した「高知県」、2012年以降ランキングから姿を消していますね。それまでは8位あたりだったのですが、他の県が移住に力を入れ始めてきたからなのでしょうか。

 

国内ロングステイ希望先

1位:沖縄県

2位:北海道

3位:京都府

4位:長野県

5位:東京都

6位:福岡県

7位:静岡県

8位:神奈川県

9位:宮崎県

10位:鹿児島県

出典:ロングステイ財団

 

2.海外ロングステイ希望国トップ10を発表

海外ロングステイ希望国1位は9年連続「マレーシア」です。マレーシアは「マレーシアマイセカンドホームプログラム(MM2H)」制度の充実や治安、物価などを考えて変動はなさそうでした。一方、タイは今まで2位のハワイを抑えて4年連続2位を抑えています。もともと親日国で物価は低く人気があったので、移住先候補として検討しても良いのかしれません。

 

ここニュージーランドは近年5,6位と安定はしていますが、物価高や不動産賃貸費の高騰で住みづらくなってきています。生活コストも考えて移住を決めなければいけないのですが、物価などは予測しておかないと年金生活を考えている方は注意が必要ですね。

 


photo credit: IXS_3034 via photopin (license)マレーシア料理「ラクサ」

 

海外ロングステイ希望先

1位:マレーシア

2位:タイ

3位:ハワイ

4位:オーストラリア

5位:カナダ

6位:ニュージーランド

7位:シンガポール

8位:アメリカ本土

9位:フィリピン

10位:インドネシア

出典:ロングステイ財団

 

3.ロングスイ希望先ランキングからみえるもの

ロングステイ希望先からみると、国内は「環境」、海外は「治安」の優先度が高いように思えます。海外では憧れのハワイは別として、それ以外は現実的なランキングになっています。治安が悪いとされている10位のフィリピンですが、生活コストを考えれば今後候補として浮上してくる気配はありますね。

 

ロングステイに限らず移住国を決める場合は、それぞれの利点や欠点を比較して、何に優先度を置くかを考えなくてはいけません。ただ諦めなくてはいけない部分もあるかもしれませんが、理想を追うことも大切だと思います。そのバランスと、移住後に新しく何ができるか、何を見つけるかでしょうか。