海外移住コラム

海外移住で気になるのが、感染症と予防接種。海外渡航前に利用したい「トラベルクリニック」

最近、親子移住などで子どもが海外で生活することも増えてきています。そこで心配になるのが、感染症。日本でもデング熱が流行して話題になりました。ネットでも情報が得られますが、それだけでは対策として不十分なことがあります。そこで活用したいのが「トラベルクリニック」です。

 

渡航先で流行している感染症情報を知る

 

最新の感染症情報や予防接種情報は、厚生労働省の「FORTH」サイトで知ることができます。特に海外移住の場合は事前に予防接種を受けておかなければいけないことも多く、複数回に分けて接種が必要だと1ヶ月以上かかる場合もあります。海外渡航前にはチェックしておきましょう。

 

しかし予防接種にかかる費用や必要な接種回数、予防接種を受けた証明(英文証明書)の必要性など、詳しい情報はネットだけでは得られないこともあります。例えばニュージーランドで長期滞在する場合は規定の健康診断が必要になるため、事前の情報収集は欠かせません。子どもさんを海外の学校に留学させる場合は渡航先の必要書類を確認しておきましょう。

 

下記のサイトでは、国・地域名から感染症情報を知ることができます。画像をクリックすると、厚生労働省「FORTH」サイトの国・地域情報にページが飛びます。

 

出典:厚生労働省の「FORTH」サイト

 

トラベルクリニックの役割

トラベルクリニックは旅行者や海外赴任者等に渡航先でリスクがある感染症について注意を促し、必要に応じて予防接種を勧めてくれます。主に下記の役割があります。

 

海外渡航前の健康診断や医療相談

 

渡航先の感染症情報や対策

 

ビザ申請や健康診断の英文証明書発行

 

海外予防接種

 

海外渡航後の健康診断や医療相談

 

大人でも必要になる予防接種ですが、子どもを海外に渡航させる場合は情報量が多いトラベルクリニックを利用することをお勧めします。

 

トラベルクリニックを探す

海外渡航前に利用したい、トラベルクリニック。Googleなどの検索サイトで探すこともできますが、日本渡航医学学会推奨のトラベルクリニックリストでも探すことできます。