海外移住コラム

海外移住とロハスな関係

「ロハス」って聞いたことがありますか? 英語で書くと「LOHAS」。Lifestyles of Health and Sustainability の頭文字をとった略語で、健康と持続可能性を心がける生活スタイルのこと。ロハスを求めて、海外移住をする方も多くいます。それでは海外移住とロハスな関係についてです。

 

1.そもそもロハスとは?

い・ろ・は・す(ILOHAS)(注:このコラムと直接関係はありません)

 

ロハスは、アメリカを始めとしてヨーロッパや日本でも増え続けている考え方。地球環境保護ももちろんですが、健康な生活を最優先するという点では新しい環境を求めて田舎に移住したり、海外に移住する人が増えています。自分らしい生き方を考える上で、ロハス移住が方法のひとつになっています。

 

日本では、「健康と環境を志向するライフスタイル」と意訳され、”健康”や”癒し”、”エコな生活”などを総称してロハスと呼れています。今では

ビジネスホテルにまでロハスの考え方が広まっています。→スーパーホテル

 

 

2.癒しを求めて、日本から脱出する

海外での生活は、日本で生活するのと違って不便なことが多いと思います。日本のように自動販売機やコンビニが家から外に出ればすぐに見つかるような環境は、なかなかありません。便利な反面、それが当たり前になって、日々の雑務に追われて自分を見つめ直す時間が取れにくいのも事実です。

 

そういった時間を取るために海外旅行をすることもありますが、あくまでも新しいライフスタイルというわけにはいきませんよね。最近では自然や癒しを求めて海外移住をする人が増えてきています。

 

日本のストレス社会、便利だけで住みにくい社会から”逃げ”て、海外に行く方も少なからずいます。それを非難する方もいますが、無理して馴染むよりも新しい生活を新しい場所で見つけるが良いのか悪いのかは誰にも分かりません。

 

3.ロハスの代表国、それがニュージーランド

そんなロハスを提案している雑誌が、「ソトコ」。過去にニュージーランドへの移住もテーマにした号も発刊したことがある、この雑誌。新しいライフスタイルを求めている方にはうってつけかもしれません。

 

月刊『ソトコト』は、ロハスピープルのための快適生活マガジンです。地球と仲良くし、楽しく生きていくためのライフスタイルを探り、提案していくことをコンセプトに、1999年、世界初の「環境ファッションマガジン」として創刊しました。(ソトコトについて、一部抜粋/ソトコト)