海外移住前に知っておきたいFX(外国為替証拠金取引)を利用した外貨両替の方法

海外旅行ではクレジットカードと組み合わせができるので、外貨両替は銀行や両替所、金券ショップ等は便利です。これが海外移住生活となると、多くの外貨が必要になると両替手数料が気になるところ。そこで、FXを使った外貨両替のお得な方法をご紹介します。

日本円から外貨への両替にかかる手数料

日本円から外貨への両替は、銀行でなくても両替所や金券ショップ等でもできます。その際の両替レートは大手銀行が毎日午前10時ごろに決める相場の参考値(TTM)に一定の手数料を上乗せしたものが一般的

例えば某銀行で日本円を外貨に交換する場合の手数料ですが、1USD(アメリカドル)で2~3円程度が相場なので、仮に1,000USDを購入するとした場合の手数料は2,000円~3,000円となります。さらに銀行以外では手数料が上乗せされることになります。

FXを利用した外貨両替の一般的な方法

これがFX(外貨証拠金為替)を利用すると、一般的に数銭円です。「銭」なのでわかりにくいですが、あるサイトでは20銭の手数料と表示されているので、1万円の両替で手数料が200円~300円で済むということになるので、格安で両替が出来るということになります。

FXというと、レバレッジ(てこの原理)を利用したFX投資やハイパートレードに代表される為替取引がイメージされますが、外貨両替の手段としても用いることができます。日本円から外貨にした資金をレートが良いときに日本円に戻して差益を得るのが、「投資」ですね。

この差益を得る前に外貨口座に出金するのが、「外貨両替」になります。FXを使った一般的な両替のしくみは、銀行の外貨口座開設→FX口座の開設→FX専用口座へ入金→為替取引→外貨口座へ出金の流れになります。


出典:YJFX

FXを利用した外貨両替をするときの注意点

格安の手数料で外貨両替ができるFX。ただし、FXを使う場合は注意したいポイントがいくつかあります。せっかくFXを使ったのに両替に以外にかかる手数料で銀行などの窓口で両替した方が得したということにならないようにしましょう。

①通貨によっては取り扱っていないFX会社も
②FX用語が出てくるので、最低限の用語知識は必要
③両替手数料以外にも出金手数料などがかかる
④出金には外貨預金口座が必要
⑤FX会社すべてが外貨両替を推奨しているわけではない

FXの仕組みや特徴を把握することが大切

証券会社によっては、銀行への外貨出金手数料が基本的に無料な場合や月1回まで無料などのように定めている会社もあります。このような証券会社と銀行をうまく組み合わせることで、外貨両替にかかる手数料を減らすことも可能です。

FXの仕組みが分かりにくい方は、PR:マネーパートナーズの「日本最安」外貨両替・受取サービスが便利です。