【NZ移住コラム】ニュージーランドの家庭で、シャワーを1人5分以内に制限する理由

ニュージーランドでホームステイやフラット(シェアハウス)する場合、オーナーや同じルームメイトに「シャワーは5分以内ね。」と言われることがあります。別にケチでそういうことを言っているのではないのです。

ニュージーランドの都市部ではガスでお湯を沸かすこともありますが、ほとんどの家庭では、電気でお湯を沸かしています。大きなタンクに水を貯めてから温めるので、水からお湯にしようとすると時間かかります。

お湯を沸かすためのタンク

つまり、ホームステイやシェアハウスで住居人数が多いと使うお湯の量が多いので、ヘタをするとシャワーを浴びている途中で水になってしまうこともあります。

そのため、大人数が生活している家では、1人のシャワー時間が決められていることが多いのです。5分ルールや10分ルールなど、生活している人数によっても違ってきます。

日本では、ほとんど気にしていないことでも海外生活では違うことが数多くあります。例えば、ニュージーランドではバスタブがあってほとんど浸かることがなく、シャワーのみが一般的です。やっぱり、お風呂は肩まで浸かりたいですよね。


@ロトルア

ニュージーランドは日本と同じ火山国なので、いろいろな場所に温泉が湧き出ています。そのため、月に数回は温泉に浸かりにいきます。温泉といってもプールが主体なので、水着で入るところがほとんどです。

1人5分以内は、タンクに貯めたお湯がなくなるのを防ぐために決めたルール。別にケチなわけではないのです。海外ではその国の生活習慣で独自のルールがあるので面白いですよね。

スポンサーリンク