【NZ移住ライフ】オークランドでシーフードを食べるなら、バケツ入りムール貝をご賞味あれ

ニュージーランドの旅行ガイドブックで必ずといっていいほど掲載されているムール貝のお店があります。その名は「ジ・オキシデンタル・ベルジャン・ビア・カフェ」。名物は何といってもバケツ?入りのムール貝。

ムール貝とは、 欧米ではMusselと呼ばれる貝。日本では、「ムラサキガイ」とも呼ばれています。美しい緑色としていて、形がやや細長い貝。スーパーでもよく見かけるメジャー級の貝です。

このムール貝が、バケツのような鍋に入ってくる料理「マッスル・ポット」で有名なのが、「オキシデンタル」です。


The Occidental

オキシデンタルは、本格的なベルギー料理とビールが楽しむことができ、もちろんムール貝以外にも肉料理や魚料理も充実しているので、食事に困ったらオキデンタルは便利かもしれませんね。

500gか1Kgを選ぶことができ、1Kgなら4人分は十分あります。さらに、このムール貝に選べるソースが格別です。特にブルーチーズのソースは絶品。ブルーチーズは癖がありますが、ソースだと問題なくいただけます。

場所はこちら。

実は、オキシデンタルはシーフード以外にも肉を扱っているので、シーフード嫌いの方でも食事を楽しむことができますよ。個人的にはベルギーワッフルもオススメです。