海外で子どもの教育をどうするのか?子どもの将来のために海外移住前に準備しておくこと【知的教育グッズ】

幼児教育は、幼児が生活するすべての場において行われる教育を総称したもの。この時期にいかに色々なことに触れさせ、人格形成の基盤をつくる重要な時期です。そのなかでも知的教育は注目を浴びています。

知的教育とは?

知的教育というと、シュタイナー教育が幼児期の教育として有名です。このシュタイナー教育では、生まれてから7歳、14歳、21歳というように、約7年ごとに分け、その発達特徴を理解することに重きを置いています。

特に最初の一期である7歳までは、無意識的な活動、特に毎日の生活リズムを重視し、両親からの影響が一番大きな時期です。両親と子どもが日常生活や遊びを通して触れ合うことが大切とされています。

この日常生活や遊びの中に知的教育を組み込んでいくことで、さまざまな体験を通して「考える力」をはぐくんでいくことを目指します。

では、具体的にどのようにすれば知的教育になるのでしょうか?それは、子どもの学習への好奇心を引き出すことだと言われています。そのために様々な知的教育グッズがあるので、人気のグッズを調べてみました。

ニュージーランド発の知育グッズ

ニュージーランドにも知育グッズは数多くありますが、この国発祥の迷路パズルがあります。それが、「TANTRIX(タントリックス)」。もやもやさま~ず2(もやさま2)でも紹介されていました。


タントリックスジャパン

海外移住前に準備しておきたい知的教育グッズ(知育玩具)

幼児教育で知的教育に偏る必要はありませんが、やはり子どもの将来を考えると、より良い環境で質の高い教育の機会を与えてあげたいと思うのは、親の自然な気持ち。知的教育の教材を使って、コミュニケーション力や考える力を育てることが大切ですね。

学習教材の選択肢が色々ととあるなかで、子どもさんにどの教材が合うのか?そして、どの教材を準備しておくのかを検討しておくと良いですね。海外では思うように教材が手に入らないので事前準備はかかせません。