どうやって外貨両替をすればいいの?海外移住と外貨両替の関係

海外移住で欠かせないのが、外貨である現地通貨。日々の円高・円安の為替レートによって日本円の価値が変わるので、どのように外貨へ両替するのか、どのタイミングがいいのかが悩むところ。外貨両替の基礎とコツをご紹介します。

外貨両替の方法とタイミング

日本円から外貨に両替するときに悩むのが、両替の方法とタイミング。両替する方法には、銀行、大手旅行会社、空港、民間業者、FXなど様々な方法があります。銀行や大手旅行会社などでは両替パック($5が10枚、$10が20枚など)が用意されていることもあり、海外旅行が初めての方には便利なパックです。

両替するタイミングは、日本出国前がいいのか、現地到着後になりますが、一般的には現地到着時に空港か市内で日本円を外貨に両替するのがお得なようです。ただし、現地での両替が不安な方は事前に両替をしておくと安心です。さらにFXを使った両替は手数料が格安で済むので、多額の外貨両替を考えている方は検討してみましょう。

外貨両替の基礎(円高と円安)

慣れないと困るのが、円高と円安。「円高と円安」を簡単に言うと、日本円と外貨を比較して、お互いの通貨の価値がどちらに高いか安いのかを決めることです。基礎的なところで、円高と円安の違いを知っておきましょう。

      

円高/円安 円の価値 両替でお得なのは? どんな時にお得?
円高 価値が高い 外貨に換えた方がお得 海外旅行/海外移住でお得
円安 価値が低い 外貨に換えると損 完全帰国/一時帰国でお得

民間業者などでは、外貨両替時に銀行の為替レートに手数料が上乗せされているので、両替所によって受け取れる金額が異なることがあります。注意したいのが、為替手数料が無料という言葉があっても実質はレートに含まれていることもあります。

ただし、両替を考える金額が少なければ為替の差は小さいので、円高や円安に惑わされ過ぎるのも時間のロスになるかもしれません。

関連サイト:外国為替(Yahooファイナンス)

関連コラム:外貨から日本円への両替。「オークランド空港」 と「成田国際空港」の両替レートを比較してみました 

外貨両替の基礎(BuyとSell)

海外の銀行や空港・町の両替屋さんでよくみる為替レート表示。その掲示板にはBuyとSellが書かれています。このBuyとSellは”両替所から見るとどうなるか”となります。Buyなら日本円を買いますよ!となります。

例えば日本円を外貨に替える場合、両替所から見れば日本円を「買う」ことになるので、「Buy」の方のレートが適用されます。計算方法は、両替したい日本円に「Buy」でレートを割ります。例えば、10,000円をドルに両替したい場合(Buyのレートが84.00)は10,000÷84.00=119.04・・・およそ119ドルとなります。

現地での外貨への両替は「Buy」のレートを見て、両替したい日本円を割り算してみましょう。最近は通貨換算のアプリも無料でダウンロードできるので、試してみてもいいかもしれませんね。

多額の日本円を外貨に替えるなら、FX(外貨証拠金取引)がお得

FXと聞くと、レバレッジをかけた投資のイメージがありますが、実は一番お得に日本円から外貨に両替ができる可能性があります。

通常、空港や両替屋での両替時には為替レートに手数料として数%が加算されていますが、FX取引では取引手数料が格段に低く設定されています。何銭というレベルなので、ほとんど手数料を気にせずに両替することも可能です。ただし、両替目的のFX口座開設はできない場合もあるので注意が必要です。

関連コラム:海外移住前に知っておきたいFX(外国為替証拠金取引)を利用した外貨両替の方法

関連サイト:手数料を節約して便利に海外送金する方法