【NZ移住コラム】Made In Japanの「オニツカタイガー」は、ニュージーランドのオークランドでも人気のシューズ

最近、Japan Madeのスニーカー、オニツカタイガーがTV番組で取り上げられていますよね。オークランドにもオニツカタイガーを扱っているお店がブリトマート駅の近くにあります。価格は高いのですが、やっぱり日本製品が人気があるのは誇らしげになりますね。

海外で人気の「オニツカタイガー」

オニツカタイガーとは、1949年に鬼塚喜八郎氏が創業したスポーツシューズのブランド名。その販売会社の業績が悪化し、他社との経営統合によって有名な「アシックス」に改名しました。

その後、ブランド名は消滅したのですが、2002年にオニツカタイガーが復活し、大ヒット映画「キル・ビル」でユマ・サーマンが履いた黄色のシューズに注目が集まりました。そこから、海外では「オニツカタイガー」ブランドに人気の火がついたとも言われています。

人気の理由「Made In Japan品質」

映画の影響もありますが、やはり基本はMade In Japanのクオリティを評価されていることも人気のひとつ。

ここオークランドでは一般的なシューズでも値段が高いので、特にオニツカタイガーが高過ぎることは感じられませんね。

オークランドの店舗は、こちら。

【公式サイト】オニツカタイガー

スポンサーリンク