海外移住と航空券の関係。海外移住が決まったら、航空券を手配しましょう!

海外移住が決まったら、航空券の手配が必要です。日程に合わせて早めに予約をしておくと、割安プランや割引が適用になるのでお得です。時期によっては航空券の価格が高くなるため、料金にあわせて時期や日程を決めることも検討しましょう。

海外移住と航空券の関係

大手航空会社と格安航空会社は、どちらがいいの?

近年、ジェットスターやLCC(ローコストキャリア)と呼ばれる格安航空会社が日本に続々と就航しています。海外移住や海外留学、ロングステイが盛んになってきたのも、この格安航空会社の台頭が要因の一つ。

効率化の向上による低いコストのおかげで低価格かつサービスが簡素化されたサービスが売りですが、その反面で色々なデメリットもあります。個人の考え方やライフスタイルによっても違いますが、安心と充実したサービスを求めるならば大手航空会社をオススメします。

大手航空会社でも時期によりセールを実施することあるので、場合によっては格安航空会社と比較してほとんど料金が変わらない場合があります。

格安航空会社をどのように見つけるの?

格安航空会社は、それぞれ公式サイトを持っていることがほとんどなので、サイトから予約することが可能です。会員登録をしておくと、ありえないような激安の運賃がメルマガで届いたりします。移住先に就航している格安空港会社があれば、公式サイトをブックマークすることをオススメします。

また、各航空会社を横断して検索できるスカイスキャナーが使いやすく、私も海外旅行などにはよく利用しています。色々な条件設定ができ、その場で予約・購入することができます。

PR関連サイト:スカイスキャナー

格安航空会社を利用する際の注意点

LCCは格安で便利ですが、色々なデメリットもあります。まずは、遅延や運休が起こる可能性が高いことです。コスト削減のため、機体数が少ないLCCは大手航空会社と違って代替がききません。1機の運行が遅れるとそのまま続けて遅延することがしばしば起こります。

私も旅行1ヶ月前に「行き」だけ運休になるという連絡が届いて、とても焦った覚えがあります。日程が決まっている予定や出張の際には、とても使えないほどです。海外旅行保険には航空機遅延補償が付いている商品もあるので、検討してください。

他にも食事がオプションで追加料金がかかったり、シートが狭い、預け入れ荷物に追加料金がかかる、直行便ではない、などがあります。海外では当たり前なので、慣れる必要があるかもしれません。

移住のタイミングを考えた航空会社の利用

時期によって航空会社の運賃は変更するので、運賃ができるだけ安く済む時期を選ぶのも方法の一つです。便利なのが、目的地別の海外航空券相場チャート(ena)のサイトです。これは主要都市の過去の運賃を表示しています。