【NZ移住ライフ】わざと大学を留年する?!ギャップイヤーの考え方。実際に、わざと留年してきた大学生にNZで出会いました

大学在学中にわざと留年してワーキングホリデービザで海外移住をする学生が増えています。実際に大学3年生から1年留年してNZに来た大学生の話を聞くことができました。

ギャップイヤーとは

故意に1年留年してから卒業する考え方を「ギャップイヤー」と言われています。実際には英語圏の大学などでは入試から入学までの期間を長くすることで、入学前に短期留学などをすることを指します。

ギャップイヤーとはもともと英語では人生の節目の空いた期間(1年とも限らない)を使って旅をするという意味でしたが近年その言葉が普通に使われているオーストラリアや英国、カナダでは・大学入学許可書を持っている高校卒業者が、あえてすぐには大学入学はせず1年間世界を旅し人生経験を積んだ1年後にその大学に入学するという意味と捉えられます。日本での3月卒業から9月入学までの空いた期間を新聞各紙ではギャップタームという言葉を使われていますが英語では使われていません。
一般社団法人 ワーキングホリデー協会より

では、この期間に何をするかというと、ボランティアであったり、ワーキングホリデーを利用したり、なかには世界一周を目指すたりと、色々な体験に使うことができます。

ギャップイヤーのメリットとデメリット

このギャップイヤーのメリットは、大学などの卒業後してから海外移住をする場合と比べて、「第二新卒」扱いを防げることです。学生にとって就職活動は大きなイベント。留年した理由が必要ですが、「新卒扱い」の印象は大きく影響します。

もうひとつのメリットは、やはり社会人になる前に色々な体験ができること。社会人になってしまうと時間の制約や会社の事情によっては長期間の時間が取れないので、思うことができないかもしれません。

逆にデメリットは、1年留年することで大学などへの費用がかかるということ。実際にNZに来た学生は、1年間休学できる代わりに大学に約90万円の費用を支払ったそうです。

さらに、1年留学すると普通は友達もいなくなるので、友達関係も新しく構築しなければいけないかもしれません。上記の学生は、大学3年生が終わった段階で渡航し、帰国後4年生をすることになっていました。友達は卒業していますね。

ただ、そのようなデメリットを把握した上でも、ギャップイヤーという考え方を実践する方が増えてきたということです。就職氷河期といわれる時代であれば、そのような考え方もなかったかもしれません。

スポンサーリンク