海外在住者だから震災などに備えてやっておくこと

海外でもいつ起こるかわからない事故や災害、緊急事態。日本と比べて言葉の問題や習慣の違いなどがあるので、もしも震災などにあってしまうと大変なこと。自分だけでなく日本で心配する家族のためにも準備できることはあるのでしょうか。

在留届を出す

Q 「在留届」とはどういうものですか。
A 旅券法第16条により、外国に住所又は居所を定めて3か月以上滞在する日本人は、その住所又は居所を管轄する日本の大使館又は総領事館(在外公館)に「在留届」を提出するよう義務付けられております。この届け出は、実際に現地に行かれた後に行っていただくものですので、住所等が決まりましたら、 「在留届電子届出システム(ORRnet)」他のサイトヘ サイトから在留届を提出してください。また、「在留届」用紙による提出(持参、FAX、郵送)も可能です。
 なお,海外滞在が3か月未満の方も「在留届」を提出いただければ、緊急事態が発生した場合には、日本国大使館や総領事館よりメールによる通報や迅速な援護が受けられます。(ただし、住所(ホテル、短期滞在アパート等)及び連絡先の記載が必要です。)

転載:在留届(外務省HP)

最近、実際に領事館から「お知らせ」が届きました。オークランドでアジア人を公園などで襲撃する事件が発生したため、その注意喚起のお知らせでした。このように震災以外の緊急事態の連絡が届くので、海外在住者は手間と思わずに在留届を出しておきましょう。

防災用品を準備しておく

非常食・衣類・懐中電灯など防災用品を準備しておくことも大切です。自家用車を持っている場合は車に寝袋などを準備しておいてもいいかもしれません。ただし車中荒らしには注意が必要です。

また、必要な時に使えないと意味がないので、半年に1度か年1度は防災用品をチェック・交換をしておきましょう。

>>>防災グッズは何を用意したらいいのか?全リスト(ALL ABOUT)

緊急連絡先リスト作成しておく

緊急事態が起こった場合の連絡先リスト、特に大使館や領事館などの連絡を準備しておきます。スマホなどに登録しておく方法もありますが、電気がストップして携帯やスマホの充電がなくなる恐れもあるので、紙に書いてリストにしておく方が良いかもしれません。

>>>在外公館(外務省HP)

地域の避難場所を確認しておく

お住まいの地域の避難場所が決まっているかもしれません。事前に公的機関に確認するか、電車やバスなどの公的機関が止まる可能性もあるので、近くの公園や学校などの場所を把握しておきましょう。

日本にいる家族との連絡方法を決めておく

海外居住者が困るのが、日本の家族への安否連絡などです。実は日本で震災などが起こった際に開設されるNTTが提供している災害用伝言ダイヤル171は、海外から使用することができません

そのため、海外で緊急事態が起こった場合に日本にいる家族とどのように連絡を取るかを決めておくと良いでしょう。ちなみにWeb版171は海外からでも使用できますが、インターネット環境がないとできないので注意が必要です。

>>>災害用伝言ダイヤル(171)(NTT東日本HP)

スポンサーリンク