知っておきたい海外送金のルールと方法。海外移住と海外送金の関係

近年、富裕層への課税強化、マイナンバーの導入などで多額の海外送金が難しくなってきています。とはいえ、海外留学などの海外移住では海外送金が必要になることもあるので、海外送金を検討されている方は特別な規制やルールに注意する必要があります。

知っておきたい海外送金のルール

海外送金をする際に知っておきたいルールがあります。その一つに、マネーロータリング防止などために銀行は1回100万円を超える海外送金については所轄の税務署に送金調書を提出することになっています(通常、海外から日本への送金も同じ)。

そのため、銀行によっては1回で海外送金できる金額が100万円以内ということもあり、それ以上の金額を送金する場合は必要書類が求められることもあります。不動産購入などの1度に多額の海外送金を検討されている方は注意が必要です。

さらに、外国為替及び外国貿易法の改正で個人で送金限度額(1回または1ヶ月あたり30万円/年間360万円)を超える場合に電話での事前確認がされることもあります。

もう一つ知っておきたいのが、海外送金にかかる日数と手数料です。海外送金の指示を出してから実際に着金するまでに数日かかり、手数料は一般的に大手銀行で1回約2,000~5,000円かかります。こちらも確認しておきましょう。

海外送金の方法

海外送金の際に考えないといけないのが、「日本円のまま送金する(円建て送金)」・「日本円から外貨にしてから送金する(外貨建て送金)」・「日本円で送金して外貨で受け取る」を選ぶこと。銀行によって海外送金ができる送金の種類が異なる場合があります。

海外送金の方法としては、大きく分けて2つあります。①日本の銀行と海外の銀行を通して送金する、②海外送金サービスを扱っている会社を通して現地の両替屋などで受け取るです。最近はビットコインなどの仮想通貨を使った海外送金も注目されていますね。

①銀行間で海外送金をする

銀行間でやり取りする場合には、現地での銀行口座開設が必要です。下見や海外旅行で口座開設ができればいいですが、国・地域によっては現地に居住していなければ口座開設ができない場合があるので、海外移住後に開設してから海外送金を行うことになります。

日本の銀行から現地国の銀行に海外送金をする場合、中継銀行を経由しなければいけないこともあります。一般的に中継銀行を経由する際には別途手数料がかかるので、こちらも合わせて経由するかどうかも確認が必要です。

実際に銀行間で海外送金を行う場合には、送金先の銀行情報が必要となります。銀行番号や支店番号、SWIFTコードまたはBICコードといわれる金融機関識別コードなどです。

世界の金融機関のSWIFTコードは、The global provider of secure financial、日本の金融機関であればWikipediaのサイトで検索できますが、英語なので扱いにくいのが難点です。検索サイトで銀行名とSWIFTと入力すると、コード番号が見つかります。

コード番号が分かれば、送金元の銀行に送金先の登録を行います。その後は、海外送金の指示を出すだけです。

②海外送金サービスを扱っている民間会社を通して海外送金をする

海外送金を取り扱っている会社を通す場合は現地での銀行口座開設は不要ですが、銀行間に比べて一般的に手数料がかかるので、金額大きい場合や送金回数が多い場合は銀行間の方がお得になります。外貨の受け取りは市内の両替所で引き出すか、現地の銀行口座に振り込まれます。

どの海外送金方法がいいのでしょうか?

個人の考えや海外移住のスタイルにもよりますが、多額の送金を考えているならば銀行間がオススメですし、海外旅行や下見旅行などで銀行口座が開設できない方や日本にいる家族から留学中の子供さんに送金する場合はファミリーマートやセブン-イレブンなどのATMから振り込みができるサービスが便利です。

近年はビットコインを使った海外送金の方法がニュースで取り上げられています。是非、ビットコインを使ったサービスを利用してみたいと思っています。大手銀行も仮想通貨の海外送金に力を入れており、今後も話題として盛り上がりそうですね。

海外送金を扱っている銀行/会社

①銀行間での海外送金は、どこの銀行でも扱っている訳ではありません。事前に使用したい銀行で海外送金を扱っているかどうか確認する必要があります。東京三菱UFJ銀行・三井住友銀行・みずほ銀行・新生銀行・楽天銀行・ゆうちょ銀行など大手の銀行では海外送金を扱っています。

一方、②海外送金サービスを扱っている会社の場合は、現在さまざま会社が参入しており、手数料やサービスを比較検討する必要があります。セブンイレブンやファミリーマート、SBIレミットやユニオンなどがあります。現地国の日本人向けサイトでも海外送金サービスを扱っている場合があるので確認してみましょう。

海外移住FPがオススメする海外送金に便利な銀行


オススメする銀行が、PR楽天銀行です。楽天銀行は海外送金手数料が750円と他の大手銀行と比べても安いのが特徴です。その他にも海外の中継銀行や受取銀行の手数料、円から現地通貨に両替する際に発生する両替費用などさまざまな費用がかかるので単純に比較できませんが、送金手数料が少なくて済むのは間違いありません。

関連サイト:
お得で便利な海外送金ダイジェスト(手数料を節約して便利に海外送金する方法)
日本の銀行、ケータイ、スマホから海外送金する方法(All About)