オーストラリアでワーキングホリデー中の方、これから渡航を考えている方に関わる税の仕組み。税金の仕組みを知るとオトク。


オーストラリアでワーキングホリデー中の方、これからワーキングホリデーする方、安心してください。ワーキングホリデービザの所得者に対して、32.5%の所得税が課せられる税制が延期になりましたよ。あくまでも延期ですが。

オーストラリアのワーキングホリデー事情

報道によると、当初2016年7月から全てのワーキングホリデービザを持った年収80,000ドル以下の人に対して、32.5%の所得税が課せられる予算案が提出されていました。

この予算案に対して、農業者や畜産業の業界から強い反対にあって、とりあえず半年間税制の議論が先送りになりました。現地の人は、仕事が大変な農業や畜産には最低時給で従事しないため、他国のワーキングホリデーで来た方に頼っているのが現状です。

ワーキングホリデーの方も時給がよい上に、基準額まで所得税がかからないので、双方にメリットがありましたが、税金を納めないということに対して疑問も呈されていました。

オーストラリアの税制

年間の所得が0〜18,200ドルで税金が免除、さらに18,201~37,000ドルで税金が19%となっています。国の税率を調べるには、日本貿易振興帰国(ジェトロ)が便利です。

2016年の最低時給が17.29ドルなので、1日8時間労働、週休2日で40時間、1年は52週として約36,000ドルとなります。ただし、他の休日や祭日などを考慮していないので、この金額よりは低くなりますね。

さらに農業業・畜産業に従事する人は、短時間労働にもなりえるので、18.200ドル以下になることも十分ありえます。逆に18,200ドル付近の所得になりそうな場合は注意が必要になるということですね。海外で所得を得るときは、その国の税制を知っておかないと損をするかもしれません。

タックスリターンの考え方

所得税を払った場合、タックスリターンをするといいと言われますが、必ずしも払いすぎた税金が戻ってくるわけではありません!インセンティブ(特別報酬)や他の所得などがあれば追加で納税を求められることもあります。

税金の納め方は源泉徴収方法が一般的で、毎月の給与から一定率の税金があらかじめ引かれる方法です。この方法だと税金の徴収漏れがなくなりますが、逆に払いすぎていればタックスリターンをしないと還付されないので注意が必要です。

また、年度の途中だからといってタックスリターンをあきらめる方もいますが、日本の確定申告のような方法もある可能性があるので、現地国でタックスリターンについて確認しておくと良いでしょう。

スポンサーリンク