日本で買った方がいい、海外生活で便利なもの

海外移住では現地で買えるものは現地で揃えるのが良いのですが、海外では手に入りにくいもの/手に入っても値段が高いもの/粗悪品だったなどということがよくあります。個人的に日本から持っていった方が良いモノもご紹介します。

1.やはり日本製ブランドは安心・便利な電化製品

やはり品質のよい日本ブランドは健在で、現地製のものは残念ながら壊れやすいし価格も高い。特に電化製品を輸入している国は日本と比べても格段に高くなるので、日本で買って持ってくるか送った方が安くなる場合がほとんどです。

・海外対応炊飯器(通常の炊飯器は変圧器が必要)

・海外対応ドライヤー

・海外対応シェーバー

・電子書籍リーダー

・パソコン

・パソコン周辺機器(外付けHDDディスク/USBスティック/セキュリティワイヤー)

2.海外で買うと意外と高くなる100円均一商品

今では税金込み価格になっているので100円均一ではありませんが、日常生活で細々としたものを海外で買うことになると意外と買うと高くなることがあります。実はニュージーランドのオークランドにもダイソーがありますが、1つ3.5ドル(日本円で300円程)と約3倍の値段です。これがチリも積もればなんとやらになるので、細々としているものだからこそ日本で買っておく価値があります。

・文具用品(ボールペン/ノート/ホッチキス/のり/カッター/ハサミ/など)

・キッチン用品(ラップ/弁当箱など)

3.日本から持って行った方がいい、その他あれこれ

今では海外でほとんどのモノを買うことができますが、やはり日本でしか手に入れにくいモノもたくさんあります。その中でも医薬品は海外では効能効果が強すぎる場合があり、日本の医薬品には海外の医薬品よりも成分量を制限していることが多いので、医薬品は日本から持っていくべきです。国によって食品は持込みが規制されている場合があるので、事前に確認しておきましょう。

・医薬品(胃腸薬/風邪薬/湿布/コンタクトレンズなど)

・化粧品(医薬品同様に海外製は日本人の肌に合わない可能性あり)

・日用品(折りたたみ傘/カイロ/ポケットティッシュ/耳かきなど)

・洗濯品(洗濯ネット/部屋用洗剤など)

・食料品(ふりかけ/みそ汁/お茶漬け/カレールー/のど飴/柿の種など)

・お土産(扇子/お箸/など)

4.個人的に日本から持って行った方がいいモノ

個人的に日本から持って行った方がいいモノをいくつかご紹介します。

現地国の電圧/ワット数に注意が必要。

保温も冷温も、ひとつあれば便利。

消せるボールペン、便利。ニュージーランドでは約400円することも。

折りたたみ傘は意外と海外では高い。ただ折れやすいので風に強いものがベスト。

ユニクロでもOK。軽いので持ち運びが楽。暑い国ほど冷房が効き過ぎていることがあるので便利。


関連コラム

海外旅行者向け、Amazonでクチコミ数が多い海外旅行するときに便利なモノをまとめました

個人的に実際に海外生活で役立ったモノを集めてみました