海外移住・海外生活のための運転免許証。海外で運転免許証の更新はどうするの?

海外で日本の運転免許証更新ができるのか?海外渡航中に更新期限が切れたらどうなるのか?など、渡航前に知っておいた方がいいことなどをお伝えします。

海外で運転免許証の更新手続きは出来るのでしょうか?

現在、日本の運転免許証を海外で更新手続きすることは出来ず、日本国内で手続きを行わなければいけません。そのため、渡航前に更新手続きが行える制度があります。

渡航中に運転免許が切れる場合は事前に更新しておいてもいいでしょう。但し、更新期間前に手続きを行った場合、更新日から直近の誕生日までを1年として計算されるので、更新後の運転免許証の有効期限が短くなります。

関連サイト:更新期間前の更新手続き(警視庁)

一時帰国時の運転免許更新

更新期間中(誕生日をはさんだ2か月間)に日本に一時帰国される場合、日本に住所を有しなくても帰国中の一時滞在先を住所地として、免許証の更新を行うことができます。但し、一時滞在先と免許証上の住所地が異なっている時は、免許証の住所変更手続きや追加書類が必要になります。渡航前に必要があれば、住所変更をしておきましょう。

関連サイト:日本の運転免許を更新する(外務省)

海外渡航中に運転免許証の期限が切れるとどうなりますか?

海外移住などで、やむを得ず運転免許証を失効させてしまった場合でも新たに免許を取得する必要があります。

①失効日から6か月を経過しない場合・・・免許試験のうち、技能試験及び学科試験が免除(免許試験とは、適性試験・技能試験・学科試験です。)

②失効日から6か月から3年を経過しない場合・・・海外滞在等やむを得ない事情のため、失効日から6ヶ月以内に試験を受けることができなかった場合、当該事情が止んでから1か月以内であれば、免許試験のうち、技能試験及び学科試験が免除されます。

当該事情は、免許が失効した後の最初の一時帰国のときが「当該事情が止んだとき」となります。

③失効日から3年を経過した場合・・・試験の一部免除は認められません。但し、やむを得ない事情が、平成13年6月20日前に生じた方については、当該事情が止んでから1か月を経過しない期間内であれば、技能試験が免除されます。

関連サイト:有効期間満了により免許が失効したとき(外務省)

海外で運転免許証の紛失・破損した場合

日本に住所を有しない方が免許証を紛失や破損等した場合、一時帰国した際に、一時滞在先を住所地として再交付の申請を行うことができます。

関連サイト:免許証を紛失・破損したとき(外務省)

スポンサーリンク
コメントの入力は終了しました。