海外生活でよく見聞きするグルーテンフリー


CMやスーパーで「グルテンフリー」という言葉を見聞きすることがありますか?グルテンがフリー、つまりグルテンが入っていないことを意味しています。では、グルテンとは何なのでしょうか。海外で注目されているグルテンフリーをご紹介します。

海外生活でよく見聞きするグルーテンフリー

グルテンとは

グルテンとは、小麦、大麦、ライ麦などの穀物の胚乳から生成されるタンパク質の一種で、主に小麦粉のことを指します。

小麦粉を使った食品は数えきれないくらいほど多く、パンやパスタ、ピザ、ケーキなどの食品に含まれています。

グルテンは麺類やパンなどを作る上で弾性や柔軟性を決定し、膨張を助けるためには欠かせないものになっています。

このグルテン、実は小麦粉アレルギーで知られているように、アレルギー体質の人がグルテンを摂取すると消化不良や、吐き気や痛み、湿疹などのアレルギー症状が表れます。

特に、乳児や小さい子どもにはアレルギーが出やすいことでも知られていますね。

グルテンフリー

そこで、注目されたのが、グルテンフリーです。グルテンフリーは、小麦粉などを使用していない食品のことで、日本ではまだまだ馴染みがありません。

しかし、欧米やニュージーランドでは「グルテンフリー」を表示している食品やレストランが増えています。

では、パンなどのグルテンが普通必要な食品は代わりに何を使っているのでしょうか?実は、米粉やその他の食材置き換えることでパンを作ることができます。

パンを膨らませるにはコツがいるようですが、小麦粉アレルギーを持っている方やダイエットを考えている方には向いているかもしれませんね。

日本でグルテンフリー食品を買えるところ

現在、自然食品などを取り扱っている日本でもグルテンフリーと書かれた表示のある食品が置いてある店が増えてきていますが、それほど目立っているわけではありません。そこで、グルテンフリーを扱っているお店を探していました。

ベジタリアン&グルテンフリー専門店 .B Cookies

まだ商品数は少ないですが、米粉を使った食パンなどがネットで通販できるようです。商品数が増えてくればいいですね。

スポンサーリンク