トランプ新大統領が与える海外移住への影響

皆さんもご存知の通り、アメリカの次期大統領がトランプ氏に決まりましたね。アメリカだから関係ないよ、と思われがちですが、海外移住を計画されている方には大きな影響を及ぼす可能性があります。

トランプ新大統領が海外移住に与える影響

カナダの移民局サイトがダウン

トランプ氏が当選する可能性が叫ばれてから何度かニュースにもなっていましたが、実際に当選するとカナダの移民局サイトがアクセス増加でダウンしました。

関連サイト:カナダ移民局のサイトがダウン。アメリカ人が本気で国外逃亡を考えているらしい【アメリカ大統領選】(Huffingtonpost)

では、なぜアメリカ人はカナダに移住を考えているというと、富裕層への増税が取りださされているためです。

トランプ氏が当選した大きな理由としては格差社会の是正が期待されており、増税が行われるの可能性が十分にあります。

そこで、地理的にも近く、治安も良いとされているのでカナダは移住先として最有力候補となっています。

ただ、カナダに限らず、ニュージーランドも当選後に移民局サイトにもアクセスが集中したという話もあり、フィリピンやマレーシアなどの生活費が安いとされるアジア圏へ移住も増えるでしょう。

トランプ氏が与える海外移住への影響

トランプ氏が新大統領になることでカナダやニュージーランドなどの諸外国に海外移住を希望する人が増え、移民制限が厳しくなることが予想されます。最近、ニュージーランドでも永住権の申請システムが変更になり、申請が厳しくなったばかりです。

関連コラム:ニュージーランドの永住権取得条件が改正される。年々、取得が難しくなる永住権

アメリカ人であれば英語力の問題はないと言えるので、同じ条件で申請するとなると日本人やアジア人には圧倒的に不利になります。

そうなると必要になるのが、例えば、ITや大工、シェフなどの自国にとって需要のあるスキルや潤沢な資金となります。

これからは英語力はもちろんですが、移住する上で現地国にとって需要のあるスキルを身につけるか、そして、移民法が厳しくなる前に早く申請するかが重要です。

これまで海外移住を考えている方にとって、大きな計画変更も視野に入れる必要があるかもしれません。

スポンサーリンク
コメントの入力は終了しました。