ファイナンシャルフリーになるにはいくら必要?


「ファイナンシャルフリー」になりたい!と思った方も多いはず。特にロバート・キヨサキ氏の著名な「金持ち父さん貧乏父さん」の書籍を読んで一念発起した方もいるでしょう。では、実際にどのようにすればファイナンシャルフリーになれるのでしょうか?

ファイナンシャルフリーになるにはいくら必要?

ファイナンシャルフリーの定義

具体的にファイナンシャルフリーの定義はありませんが、一般的には、お金のことを心配しなくても生活していける資産を持つこと。経済的自由とも言われます。

具体的には不動産やビジネス、貯金等からの収入が生活費を上回っているため、働かなくても資産が減少することなく生活していける状態のことです。

つまり、貯蓄を切り崩して生活しているのではなく、費用を上回る新たな収入を生み続けていけることを意味しています。

60歳、1億円でファイナンシャルフリー?!

ファイナンシャルフリーを実現するのためには、「60歳で1億円」と言われています。本当なのでしょうか?

例えば、夫婦で安定した老後を過ごすには毎月38万円程が必要という調査報告があります。目安として、毎月何かしら38万円の収入が続ていれば安定した老後が過ごせることなりますね。年間で計算すると、456万円。

60歳定年で、平均寿命が80歳だとすると20年間で9,120万円になります。実際には女性の平均寿命が86年程なので、約1億2千万円の資産があればいいことになります。これはあくまでも概算ですが、ざくっと1億円と言われるよりも現実味が出てきたでしょうか。

平成22年簡易生命表によると、男の平均寿命は79.64年、女の平均寿命は86.39年と前年と比較して男は0.05年上回り、女は0.05年下回った。

出典:厚生労働省サイト

現在、日本の公的年金制度で支給される平均の年金支給額は、国民年金が5万円程、厚生年金が15万円程となっています。もちろん専業主婦であったり付加年金を納めていたりなど、生活状況によって異なりますが、38万円にはほど遠いのが分かりますね。

しかも、年金で生活をするのであれば資産が減っていくので、本当の意味でファイナンシャルフリーとは言えません。やはり、給与や年金だけに頼らず、他からの収入をいかに安定的に得ることができるかがポイントですね。

ファイナンシャルフリーになるためには?

では、ファイナンシャルフリーを実現するのはどのような方法があるのでしょうか?

残念ながら、会社からの給与や年金を期待するだけでは難しいので、「投資やビジネス」という考えがどうしても必要になります。投資にはリスクがつきものですが、これを無くしてファイナンシャルフリーにはなれません。

しかも、日本の銀行にお金を預けているだけでは現在の低金利でほとんど増えることがありません。給与以外に収入を得るには、「投資やビジネス」がどうしても必要になります

仮に給与や退職金を考慮せずに60歳で1億円を目指すとすると、年利で何%を求めればいいのでしょうか。例えば、30歳からの30年で元金が1千万円だとしても、複利で約8%の利率が必要です。8%といえば銀行の金利を考えればどれだけ高いかが分かりますよね。

逆に言えば、目標とする年利を決め、現在の貯蓄やこれからの給与収入などを考慮して目標までの到達する具体的な計画を見つけることも可能です。単にファイナンシャルフリーを目指そう!ではなく、具体的な計画まで落とし込めるかどうかが鍵になります。

具体的な方法は色々あると思いますが、下記の書籍にもある不動産投資も一つの方法です。必ずしも不動産投資をオススメしているわけではりませんが、ファイナンシャルフリーへの道筋が見えやすいとも言えます。実際に著者の方にお会いしたことがありますが、とても紳士な方でした。

投資にしてもビジネスを立ち上げるのにしても、これからの時代は「投資やビジネス」が必要不可欠になると考えれば、若い年齢のうちから「投資やビジネス」の勉強をしていくことがいかに大切かが分かるでしょう。

ファイナンシャルフリーへの道

ただし、このファイナンシャルフリーへの道にはほとんどの方が経験する障害があります。その障害とは、目標を立てても実践していくなかで徐々に目的意識がなくなってしまうことです。

どうしても短期間でファイナンシャルフリーを実現することは難しいので、途中で普通の生活に戻ってしまうことになります。でも、これは誰でも経験することなので心配はいりません。「中断と実践」をいかに繰り返ししてでも前に進むかどうかにかかっています。

「中断と実践」の繰り返しを防ぐには、定期的に計画を見つめ直すことが大切です。定期的に目標と現実のズレを見つけて修正することも必要になります。時にはファイナンシャルプランナーのような専門家の意見を聞くことも有効でしょう。