海外移住とクレジットカードの関係。海外居住者はクレジットカードを作れるの?

海外で生活する上で便利な日本のクレジットカード。しかし、海外移住をするとクレジットカードの扱いはどうなるのでしょうか?海外居住者は新たにクレジットカードを作れるのでしょうか?海外移住とクレジットカードの関係をご紹介します。

一口に海外移住といっても、海外留学や海外赴任、長期滞在、海外定住などの色々な移住スタイルがあります。その場合、出国前に住民登録を抹消して日本非居住者となった場合は、原則としてクレジットカードの継続や新規開設ができなくなります

ただ、現実的には日本非居住者であっても日本のクレジットカードを廃止せずに使い続ける場合が多いでしょう。そのため、日本非居住の海外居住者は海外移住先でクレジットカードを作成することになります。1年未満の短期留学やロングステイなどを考えている方は、クレジットカードの作成を検討してみましょう。

クレジットカードを作成するときの注意点

留学や短期滞在などで非居住者にならない場合は、クレジットカードを2枚以上所持しておくことをオススメします。たまにカードの磁気がおかしくなったり、カード端末の不具合、暗証番号を忘れてロックがかかってしまうことも考えられます。

通常はVISAかMASTERのどちらがであれば海外でも問題がなく利用できます。JCBやアメックス、ダイナーズなどは海外によっては使用できるお店が限られるので注意が必要です。ただ、カード自体にポイントや特典がたまることもあるので、予備として作成しておくのも方法のひとつです。

クレジットカードの特典には空港までの荷物宅配サービスなどの便利なサービスや海外旅行保険も付随しているカードもあります。既にクレジットカードを持たれている方や新たにクレジットカードを作る予定の方は特典サービスの内容をよく確認しておきましょう。

海外移住・海外生活に便利なゴールドカードの特典

高い年会費がかかるんじゃないの?と思ってしまうゴールドカード。なかには年会費1万円以上も払う価値があるのか?と疑問に思う方も多いでしょう。

海外では意外とクレジットカードを使う機会が多いので、キャッシュバックやポイント還元などを考えると損になるとは限りません。

特にゴールドカードでは初年度の年会費が無料のカードも多く、空港ラウンジ無料サービスや手荷物無料配送サービスなどの便利なサービスもあるので、実際に試してみて気に入らなければ解約するのもいいですね。




例えば、三井住友VISAゴールドカードには本会員・ご家族会員以外のご家族にも海外旅行傷害保険が自動付帯される珍しい特典があります。年会費がかかりますが、サービス特典を考えるとお得ですね。

PR:初年度年会費無料のカードとは?

海外旅行保険付きクレジットカード

クレジットカードには、サービス特典として海外旅行保険が付いている場合があります。但し、注意が必要なのは原則として渡航後90日間の補償であることや、補償金額がカードによって様々なので事前に確認しておくことが必要です。海外移住・海外生活には1枚は欠かさずに持っておきたい1枚です。

海外留学のための家族カード

もしクレジットカードを作れない年齢のお子さまが海外留学に行く場合、親のカードで家族が加入できる家族カード(ファミリーカード)が作れる場合があります。これは本人のクレジットカードですが、同じ支払い口座から引き落とされるので、お金の管理も安心です。



クレジットカードによっては、年会費が一人まで無料になるものや家族カードを作るには年齢制限があるものがあります。クレジットカードではないですが、海外プリペイドカードも検討しておきましょう。

海外移住FPがオススメするクレジットカード

楽天カード/楽天プレミアムカード

楽天市場で使える楽天ポイントがたまり、手荷物宅配サービス、空港ラウンジ無料サービス、海外旅行保険も付帯しているカードなら、楽天プレミアムカードやオススメです。年会費が無料の楽天カードも便利です。




PR関連サイト:楽天カード/楽天プレミアムカード

三井住友VISAゴールドカード

銀行系で安心なカードを作るなら、三井住友VISAカードがオススメです。



PR関連サイト:三井住友VISAカード/三井住友VISAゴールドカード

JALカード

マイルを貯めるなら、やはり航空会社系のクレジットカードがオトク。年会費はかかりますが、海外旅行保険も付随しているので安心です。



PR関連サイト:JAL・Visaカード