海外移住・海外生活のためのテレビ/ラジオ/新聞

海外移住・海外生活をすると日本のテレビ、ラジオ、新聞が恋しくなるものです。特にコメディやニュース、ドラマが見られなくなるのは非常につらいものです。そこで、海外でテレビやラジオ、新聞を視聴できる方法を考えてみました。

海外から日本のテレビ/ラジオ/新聞を利用する

海外で日本のテレビを観る

海外でもあっても地域・国によって海外専門チャンネルであるNHKワールドのような番組は、有線テレビ(ケーブルテレビ)に登録されているか、独自に衛星アンテナを設置することで見ることが可能です。

関連サイト:NHKワールドテレビ

VPNというシステムを利用すれば日本のIPアドレスを取得でき、日本のテレビ番組をリアルタイムで視聴できる方法もあります。この方法については是非があるので、使用するかどうかは個人の責任に委ねられています。

関連サイト:
PR世界VPN
PRインターリンク

一方、Youtubeなどのような動画サイトでテレビ番組を見ることも出来ます。サイトにアップされた動画を閲覧することは違法でなく、合法とされています。但し、ダウンロードは違法なので注意が必要です。

海外で日本語のラジオを聴く

NHKが放送時間は地域・言語によって異なりますが、18の言語で全世界に向けて放送しています。詳細はNHKワールドサイトをご確認ください。

関連サイト:NHKワールドラジオ

海外で新聞を読む

新聞の電子版で紙媒体をデバイスで読むことができます。電子版では記事の検索や気になる記事のスクラップなど様々な機能があります。まずは無料会員になることができるので、試してみてはいかがでしょうか。

関連サイト:
日本経済新聞 電子版
PR朝日新聞の電子版サービス「朝日新聞デジタル」

海外で日本の映画DVDを観るときの注意点

海外で映画のDVDなどを購入やレンタルした閲覧するときは、DVDのリージョンコードに気をつけなければいけません。リージョンコードとは、DVDやゲームソフトなどが利用される地域(リージョン)の情報を記載した情報で日本は「2」になります。

せっかく日本からDVDプレーヤーを持っていっても、リージョンコードが違えば使えないので注意しましょう。PCに内蔵型のDVDリーダーであれば変更が可能な場合もありますが、回数が制限されているのが一般的です。