海外移住とは?海外移住のはじめかた

海外移住と聞くと、海外でずっと住んで日本にほとんど帰国しないと思われがちですが、実は海外赴任や海外留学などで長期に海外生活して日本に帰国する場合も海外移住を意味している場合があります。そのため、海外移住にはいろいろなタイプがあるので、まずは海外移住の基礎的なことから学んでいきましょう。

海外移住の定義は?

実は、海外移住といっても明確な定義はありません。海外移住の定義はないものの、長期滞在(ロングステイ)に関しては一般財団法人ロングステイ財団で定義を定めています。この財団のサイトでは、ロングステイに関わる情報やセミナー情報が提供されています。

ロングステイとは
海外においては、生活の源泉を日本に置きながら海外の1ヶ所に比較的長く滞在し(2週間以上)、その国の文化や生活に触れ、現地社会での貢献を通じて国際親善に寄与する海外滞在型余暇を総称したものである。

つまり海外移住にも通じるところがあり、海外旅行との大きな違いは「生活の源泉があること」です。海外留学の場合でも現地で生活するために働くこともあり、やはり余暇だけではなく生活基盤が必要ということです。

では、実際に海外移住はいいな、海外で生活したいと思う方も多いかもしれませんが、多くの場合、夢で終わってしまいます。その理由として4つの障害があると言われています。

海外移住ができない4つの障害

海外移住をしたいけど出来ない、それには主に4つの障害があると言われています。

1.日本の生活を捨ててまで海外で仕事をして生活していく自信がない。

2.英語ができない、という言葉の壁。

3.親や親族からの反対や親の介護など、親や親族の問題。

4.渡航費や生活費など、お金に関わる問題。

これらの障害をどのように乗り越えるかが、海外移住ができるかどうかの肝になるかもしれません。ただ、すべて完璧に障害を乗り越える必要はなく、どのように障害を低くするかという点に着目すると、実はそれほど障害でなかったということもありえます。海外移住を計画する際にはよく考えてみましょう。

海外移住のはじめかた

では、「海外移住」を夢で終わらせないためには具体的には何をすればいいのでしょうか?まずは、どこにするのか?何をしたいのか?を考えましょう。その後、海外移住先の渡航情報やビザ情報など、移住先で必要な情報を集めることになります。

【海外移住に必要な基礎知識】

1.移住先選び:失敗しない海外移住先の選び方

2.ビザ(査証):海外での長期滞在に必要なビザ。海外生活にかかせないビザとは?

3.ライフ計画:海外移住・海外生活のための人生設計(ライフプラン)

4.マネー計画:海外移住・海外生活のためのマネープラン

5.下見のポイント:海外移住のための下見のポイント

6.治安リスク:海外移住・海外生活のための治安情報

7.医療情報:海外移住・海外生活のための医療情報

まとめ

海外移住なんて簡単にできるわけはない、と思って最初から考えないのは実はとてももったいないことなのです。もっと気軽に「海外移住をしてみよう!」と思うことが重要です。現実にある問題を考え、乗り越えることによって短期間でもいいので海外生活をすると、人生が変わるかしれませんよ。

スポンサーリンク
コメントの入力は終了しました。