海外移住のために下見で抑えておくこと

海外移住をする上で、できれば一度は現地国を旅行しておくことオススメします。できれば、最低でも1ヶ月は現地生活を体験しなければ、短期間の海外旅行だけでは見えない部分が分からないでしょう。下見のときのポイントもあわせてご紹介します。

下見のポイント

やはり一番気になるのは生活費がどの程度かかるかでしょうか。食費・家賃など確認すべきことがたくさんありますが、おおよそ1ヶ月の生活費を算出しましょう。先進国の場合は物価や家賃が上昇することがありえるので注意が必要です。また、その他にも日本食材の入手方法や日本食レストラン、病院などを把握しておくべきでしょう。

【見ておくポイント】
・治安情報(強盗や盗難が多い地域、テロなどの有無など)
・生活費(食費、通信費、学費、日用品費など)
・医療環境(医療レベル、医療費、病院の有無など)
・住まい状況(家賃、不動産価格、シェアハウス、一時滞在用ホテルなど)
・食事の環境(食べ物が自分に合うかどうか、日本食が食べられるかどうか、など)

現地で情報を得る方法

既に現地に移住した人から生活について話を聞くことができれば、今後、現地で生活する上で役立ちます。生活情報はもちろん、注意点など日本にいるときでは分からない生な情報を聞くことができるでしょう。

スポンサーリンク
コメントの入力は終了しました。