海外移住スタイルのひとつ、長期滞在(ロングステイ)


ロングステイと聞くと定年退職後に海外で年金生活をするイメージがありますが、日本語で表現すると「長期滞在」。長期滞在には、定年退職後の海外生活以外にも語学留学などもに対象に入ります。そうなると色々と解釈がありそうですが、実はロングステイには定義があります。人気の長期滞在(ロングステイ)についてご紹介します。

ロングステイの定義

ロングステイの定義は、一般社団法人ロンステイ財団が定めています。サイトによるとロングステイの定義は以下のようになっています。

1.比較的長期にわたる滞在である。

2.「居住施設」を保有または賃借する。

3.「余暇」を目的とする。

4.「旅」よりも「生活」をめざす。

5.生活資金の源泉は日本ある。

出典サイト:一般財団法人ロングステイ財団

これによると海外旅行のような短期滞在と大きく異なるのは、5番目の”生活資金の源泉は日本にある”ということでしょうか。例えば、貯蓄や年金で海外生活を送るなどが該当しますね。

ロングステイの希望国ランキング

ロンステイ財団のサイトによると2012年度のアンケート発表では、ロングステイの希望国1位はマレーシアでした。このアンケートは毎年ロングステイ財団が主催しているロンステイフェアでのアンケート等をもとに作成しているため、年齢層に偏りがあります。但し、アンケートの上位国には、上位になった理由があります。

ランキング
1位 マレーシア
2位 タイ
3位 ハワイ
4位 オーストラリア
5位 ニュージーランド
6位 カナダ
7位 フィリピン
8位 シンガポール
9位 インドネシア
10位 台湾
11位 ベトナム
12位 アメリカ本土
13位 スペイン
14位 イタリア
15位 イギリス

出典:一般財団法人ロングステイ財団

長年マレーシアがランキング1位になっている理由

なかでも、2012年度のランキングで1位になったマレーシア。実は7年以上も連続で1位を独占しています。キーワードとしてはイスカンダル計画、不動産投資、教育移住、母子移住などがありますが、やはりマレーシアという国自体が積極的に移住を推進しているからでしょう。

この推進を支えているのが、マレーシ・マイセカンドホームと呼ばれるMM2Hビザが影響しています。これは条件がありますが、最長で10年間マレーシアで生活できる珍しいビザです。更新することもできます。

このビザの申請者は配偶者と21歳未満の未婚の子供、60歳以上の両親を同行させる事が可能で、年齢によって必要書類が変わってきます。詳細は、オフィシャルサイト(英語)で確認しましょう。英語が得意でない方は、ビザ専門の会社などを活用しましょう。