両親や祖父母から生活費や学費を援助してもらったら贈与になるのか?

贈与税の申告も必要な時期になっていますが、両親や祖父母から生活費や学費を援助してもらったら贈与になるのでしょうか。

まず一般的には扶養義務者相互間(両親と子など)において、生活費又は教育費に充てるために贈与を受けた財産のうち「通常必要と認められるもの」については、贈与税の課税対象となりません。

ちなみに「生活費」とは、その者の通常の日常生活を営むのに必要な費用(教育費を除きます。)をいい、治療費や養育費その他これらに準ずるもの(保険支払い分や補填分を除く)も含まれます。

また、「教育費」とは、義務教育費に限らず被扶養者(子や孫)の教育上通常必要と認められる学資、教材費、文具費等をいい、「通常必要と認められるもの」は、贈与を受けた者(被扶養者)の需要と贈与をした者(扶養者)の資力その他一切の事情を勘案して社会通念上適当と認められる範囲の財産とされています。

つまり、留学先での生活費や教育費は社会通念上範囲であれば 贈与税の課税対象にはならないことになります。但し、援助する際には税務署に相談することオススメします。

但し、数年分をまとめて渡したり、そのお金で物件購入などは 贈与とみなされるので注意してください。

スポンサーリンク