海外転送サービスを利用してみました。

海外で生活をしていると、日本から物を送ってもらいたいことがよくあります。ご家族に荷物を送ってもらうこともできますが、今回、パソコンを送ってもらうことになったため、今回はテラメゾンさんの「海外転送サービス」を利用してみました。

海外転送サービスとは?

海外転送サービスはショッピングサイトなどから購入した物を代行して海外に送ってもらえるサービスです。色々なサイトから購入した物をまとめて送ってもらうこともでき、例えばAmazonや楽天などの異なるショッピングサイトで購入した物をまとめて送ってもらうこともできます。通常、海外転送サービスを利用するためには会員登録と送料、そして代行手数料がかかります。保険をつける場合は別途保険料が必要となります。

海外転送サービスを利用するメリット

荷物を送ってもらうならば、日本にいる親族などにお願いすればいいのでは?と思われますが、海外転送サービスを利用する方には色々と理由があるようです。例えば元々、日本に知り合いがいない方や親族に手間をかけたくない方、それに私のようにパソコンを送る場合は専門の業者さんにまかせた方がいいと考えるなどです。

利用手数料も比較的安いので無理に親族に手間をかけるよりは気軽にサービスを利用できるように思えます。特に海外に荷物を送る場合は「インボイス」と呼ばれる書類を作成しなければいけません。このインボイスの作成は慣れていないと戸惑ってしまうかもしれません。その点、専門会社さんにおまかせすると安心です。

海外転送サービスの流れ

一般的な海外転送サービスの流れを紹介します。

手続きも簡単で、購入した荷物の配送を業者指定の住所に指定するだけです。

1.海外転送サービスの会員登録
2.ショッピングサイトで商品を購入
3.海外転送サービスが指定する住所へ送付
4.海外転送サービスで重量及び料金の計算
5.料金の支払い
6.インボイス書類の代行
7.海外へ発送
8.税関
9.海外のご自宅へ

海外転送サービスの送料と手数料

海外転送サービスは、どの会社も一般的に国際スピード郵便(EMS)を利用しているようです。EMSは国際郵便のひとつで、通常の配送方法の中で一番早く届けることができます。もちろん届くまでの日数や料金は国/地域や重さによって異なりますが、EMSの特徴として海外に荷物を送る場合には遅配や紛失などのトラブルが多いため、「追跡サービス」が便利です。EMS以外にもエコノミー航空(SAL)という配送方法もありますが、通常は「追跡サービス」がありません。

関連サイト:料金・日数を調べる(国際郵便)

代行手数料は重さによって異なります。今回、テラメゾンさんで重量2.4Kgのパソコンをニュージーランドまで配送をお願いしました。下記は今回、実際に海外転送サービスにかかった料金です。

運賃 4,700円
保険料
50円
代行手数料 1,000円
消費税
80円

合計で5,830円でした。

海外転送サービスの注意点

今回、海外転送サービスのテラメゾンさんにお願いしましたが、梱包時の写真を事前に送ってもらえていたため、心配していた梱包は安心することができました。

その他に、実際に荷物が届いたのは約3週間後、通常は1週間ぐらいで届くそうです。今回、予定より配送が遅れたのは税関で止められていたのが原因でした。ニュージーランドではバイオテロを未然に防ぐために、パソコンのチェックがあり、そのために時間がかかってしまいました。

海外転送サービスを利用する上で、現地国によって関税がかかる可能性があります。ただし、そのためにインボイスに記入する価格をわざと低く記入することは犯罪になるので注意が必要です。

スポンサーリンク