海外移住のための治安情報

近年はフランスのテロのように比較的安全とされていた場所でも突然トラブルに巻き込まれる可能性が出てきました。治安といっても、原発や地震・津波・台風など様々です。海外移住先を選ぶにあたって、治安のリスクを考えておくことは大切なことです。

海外移住先を選ぶ際に調べておきたい治安情報

一般的な治安の考えからいくと、「世界平和度指数」という指標があります。これは指数が高ければ高いほど治安がいいとされます。2013年の発表では1位がアイスランド、2位デンマーク、3位ニュージーランド・・・6位日本・・・・29位マレーシア・・・・・最近、注目されているフィリピンは129位です。

6位の日本は意外だったのではないでしょうか?例えば実際に住んでいる3位のニュージーランドの治安はというと、具体的な指標はありませんがテロのような大規模な事件は少なく、盗難や窃盗が多いという印象です。こういう印象は住んでいる人にしか分からない部分もありますね。

参考サイト:世界平和度指数(Wikipedia)

どうやって治安のことを調べるのか?

移住先の治安を知るには、下見で長期滞在してみるのが一番です。その際に不動産を買うかどうかは別として、英語に不安な方は日本語が話せる不動産屋現地の不動産屋に聞くことも方法もひとつです。

よく聞かれるのは、ニュージーランドは地震が多いんですよね?というもの。日本でも地震が起こりにくい県があるように、例えばオークランドは大規模な地震があったとは聞いたことがありません。イメージだけで移住先を選ぶと間違いのもとです。

それよりも、オークランドのなかでも地域によって治安の差があるので、そちらを調べる方がより正確と言えるでしょう。下見の際に現地の方から生活する地域が安全かなどを聞いておくのも大切です。

日本からでも調べることができる治安情報

原子力発電所

福島の原発事故が起こったため、海外移住を決めた方も多くおられます。2011年度1月の調査では計画中を含めて世界で、約40カ国で原子力発電所があります。現在は原子力発電所がなくても、将来、建設が計画されている場合があります。

参考サイト:海外移住と原発の世界分布(海外移住の地図帳)

地震・津波・台風

今では「TSUNAMI」が国際語となっているほど、日本では津波災害は多いことは事実です。津波の主な原因は大規模な地震。それ以外にも、東南アジアでは台風などなど、自然災害の治安リスクも移住先を選ぶうえでも重要です。

例えば、インドネシアでも頻繁に津波の災害が起きましたし、近年ではイタリアでも地震が起きました。ただ、国のなかでも地域によってもリスクの差があるので、どのようなリスクが考えられるのかを調べておくと良いでしょう。

参考サイト:海外移住と津波の世界地図(海外移住の地図帳)

海外でトラブルに巻き込まれたときのために

万が一、トラブルがあった際の対応を事前に考えておくことも大切です。緊急連絡先の確保や在外公館(大使館・領事館)への届け出(在留届)、避難グッズなどを準備しておきましょう。手に負えないトラブルがあれば、大使館や領事館などの在外公館に相談する方法もあります。

まとめ

「治安」と言っても国だけなく住む都市や地域によって大きく違ってくることがあるので、イメージだけで心配せずに実際に下見をして治安がいいか悪いかを判断しましょう。

スポンサーリンク