海外移住・海外生活のための国際電話/ネット電話

海外生活ではテロなどの事件や地震のような天災など色々なトラブルに巻き込まれることがあります。そういった日本への緊急な電話や連絡に「国際電話のかけ方」や「Skype・LINE」、「プリペイド式国際電話カード」といった連絡手段を確認しておきましょう。

国際電話のかけ方

通常は、 [電話会社の識別番号]+[国番号]+[市外局番]+[電話番号]とダイヤルしますが、市外局番の最初の[0]を抜いてダイヤルすることとなります。

・海外から日本に電話する方法

国際電話識別番号 → 81 → 市外局番(はじめの0はとる)→ 相手の番号

例えば、ニュージーランドから東京03-1234-XXXX に電話をする時は以下のようになります。
[電話会社の識別番号]011-[日本の国番号]81-[市外局番]3-[電話番号]1234-XXXX

・日本から海外に電話する方法
<マイライン・マイラインプラスに登録している場合>
「010」+「相手国番号」+「相手先の電話番号」

<マイライン・マイラインプラスに登録していない場合>
「電話会社の識別番号」+「010」+「相手国番号」+「相手先の電話番号」
電話会社の識別番号例:KDDI(001)・NTT Communications(0033)など

関連サイト:マイライン・マイラインプラスとは(マイライン事業者協議会)

Skype(スカイプ)を使った連絡方法

最近はインターネットを使ったSkype(スカイプ)同時を使った通話ができるようになり、とても便利になりました。相手共にSkypeを使うと無料で会話ができ、回線状態がよければ顔を見ながら会話ができます。Skype自体は無料ですが、インターネットの通信料がかかります。

また、Skypeから有料で一般電話や携帯に比較的安く電話をすることができますが、日本のフリーダイヤルである0120で始まる番号には電話することができません。海外移住の際は、是非インストールしておくべきソフトです。特に、年配の両親を残して海外移住をする場合はパソコンにインストールして使い方を説明しておくことをオススメします。

関連サイト:スカイプ公式サイト

LINE(ライン)を使った連絡方法

最近では連絡手段として便利なのが、LINE(ライン)です。LINEの特徴はテキスト等によるリアルタイムのコミュニケーション方法です。通話やチャットを行いたい相手同士でこのアプリケーションをインストールしておけば、通信キャリアや端末を問わず、相手とインターネット電話やチャットを行うことができます。

関連サイト:ライン公式サイト

プリペイド式国際電話カード

プリペイド式国際電話カードとは、カードの裏に記載しているアクセス番号に電話し、暗証番号を入力すると通話できるクレジット式のカードです。特徴は先払い式で、現地の通貨が無くても電話をかけることができ、国際電話を利用する際は通話料が比較的安くなります。

カードの値段は販売会社や通話時間によって異なりますが、家の外で日本に連絡する必要がある場合などに便利です。購入は現地でも可能ですし、日本でも購入できます。1枚ほど、財布に忍ばせておくと安心です。

一番のメリットは、SkypeやLineはインターネットがないと接続ができませんが、電話網があれば電話がつながる可能性もあることです。ネット社会になっているからこそ、従来の電話が素晴らしく感じることがあります。

関連サイト:ワールドプリペイドカード(NTTCommunications)

スポンサーリンク
コメントの入力は終了しました。