海外移住者が最も住みやすい国ランキング(HSBC調べ)

先日、海外移住者が最も住みやすい国ランキングが発表されました。このランキングは世界的に有名な銀行による調査結果です。その結果によるとスイスが1位になり、シンガポール、中国、ドイツが続いてランクインしています。残念ながら日本は18位の結果に終わりました。

mailonline

Photo@MailOnline

スイスは理想どうりのランキング1位

スイスは7回の調査でも質の高い生活水準でバランスよくポイントを稼いでいるようです。生活環境が良いのはもちろんですが、子育てや福祉も充実していて1位獲得は納得です。意外だったのが、経済面で2位にランクインしていること。生活水準がいい上に経済面も好調であればなおさら人気が高いのもうなずけます。

日本は子どもの治安で94%を獲得

全体で18位と振るわない日本ですが、子どもに対する安全面ではダントツです。治安が良いのが日本の特徴だったりしますが、それ以外は平均レベルで特段の特徴がないのが寂しいところです。

ニュージーランドは生活の質や子育てで一位

mailonline

Photo@MailOnline

現在、私が居住しているニュージーランドは生活の質や子育てでで海外移住者に人気があるようです。なかでも、今後、海外移住者が現地国に滞在したいランキングでは1位で90%と平均の61%を大幅に引き離しています。自然が多く環境は抜群に良い反面、経済面では人口400万人レベルでは規模がしれています。そのため、退職後のセカンドライフで移住してくる方が多いようです。

関連サイト:Switzerland is world’s top destination for expats, New Zealand best for raising kids… but US and UK voted among worst places to live(英語)(MailOnline)

スポンサーリンク