一時帰国時に車を使う方法(カーシェアリング)

日本に一時帰国した際にちょっと車を使いたいことがありました。でも、車がない、親戚の車があったとしても自動車保険で第三者のドライバーはカバーされていないということであきらめていたら、便利なカーシェアリングを見つけたのでご紹介します。

カーシェアリングとは

その名の通り車をシェアして好きな時間に好きな場所で車をレンタルすることができるサービスです。分単位・時間単位で借りれるので、ちょっとした時に便利です。

事前にネットで予約さえしておけば、手間もかからず指定の場所に行って鍵を開錠し、そのまま返すだけ。最近は一般駐車場内に専用の車が置いているので、お住まいの近くに専用車が置いている場合が多いようです。

料金もガソリン代や保険料も込みで、数百円から借られます。ただし、初期費用や月額料金なども別途かかる場合があるので、長時間利用する時にはレンタカーと比較してもいいかもしれません。

カーシェアリングの最大手 タイムズカープラス

今回、業界最大手であるタイムズカープラスのサービスをご紹介します。タイムズは駐車場の運営でよく街中でも黄色い看板をみかけますね。全国駐車場の保有数を活かしてシェアを伸ばしているようです。

さて、気になる料金ですが、2014年11月現在で初期費用で1,515円、月額利用料1,030円(最初だけ利用料で相殺可)。そして、基本15分ごと206円でレンタルすることができます。

関連サイト:PRタイムズカープラス<

一時帰国時の使用で注意しないといけないこと

一時帰国時では週単位や月単位で借りることがほとんどです。そのため、上記のように、そのつど初期費用がかかってくることになります。それでも料金や使用頻度を考えるとレンタカーを借りるよりも、お得なサービスではないでしょうか。

また、カーシェアリングでは月額利用料がかかるので普通なので、退会し忘れていると、毎月の月額利用料が請求されてしまいます。日本からの出国の際には忘れずに退会しておきましょう。

関連サイト:タイムズカープラス

コメントの入力は終了しました。