一時帰国時の自動車運転免許の更新

海外在住中に日本の運転免許証の有効期間が切れてしまい、更新をしなくてはならない場合があります。更新期間中に一時帰国した際に既に住民票を抹消されている方や更新期間が過ぎてしまった場合などについてご紹介します。

運転免許証更新の基礎知識

更新期間は、誕生日をはさんだ2ヶ月間(誕生日の1ヶ月前から誕生日の1ヵ月後まで)です。その後3年間は学科試験/運転試験を受けずに更新することができます。失効から3年間を超えてしまうと新たに免許を取得しなくてはなりません。<

更新期間中に日本に一時帰国している場合

非居住者が一時帰国した際に日本の免許証を更新する場合は、一時滞在先の住所地として免許証の更新を行うことができます。この場合、一時滞在先が免許証上の住所地と同じであれば特別の手続きが不要ですが、一時滞在先と住所が異なっていれば、滞在先が住所であることを証明する必要があります。

一時滞在先の証明書類としては実家であれば、ご家族に一時期滞在先であるという簡単な書類を書いてもらうだけで問題ありませんが、実家などが無い場合は所轄の警察署や運転免許証センターに事前に確認してください。

更新期間前に一時帰国しているが、更新期間中に日本に居ない場合

海外在住者など、やむを得ない理由のため更新期間に更新できない場合は、特例として更新期間前に更新を受けることができます。その際、更新期間に更新ができない理由が証明できる書類が必要となります(パスポートや在留証明書)。

パスポートでは出入国記録が押印されているものが必要となるため、自動化ゲートは使用しないようにしてください。自動化ゲートを使用した場合は、所轄の警察署や運転免許証センターに確認してください。在留証明書は移住先の大使館や領事館で出国前に手にいれておく必要があります。

日本帰国の際に既に運転免許証が失効している場合

失効後6ヶ月を経過し3年を経過していない場合は、学科試験/運転試験を受けずに更新することができます。ただし、6ヶ月を過ぎてしまった場合、本籍が記載された戸籍謄本・戸籍抄本が必要となるので注意が必要です。

海外在住者のための運転免許証更新のポイント

・代理による更新の申請は認められず、本人が必ず手続きする。
・必要な書類や手続き方法を事前に警察署や運転免許証センターに確認する。
・更新期間前でも特例の理由(海外在住者)があれば更新ができます。
・更新時期によって、必要な書類が異なる場合があります。
・失効後3年間以内に更新しないと学科試験/運転試験を免除されません。

コメントの入力は終了しました。