海外移住・海外生活のための携帯電話/スマホ

最近は日本の携帯電話が海外で使用できるようになっていますが、まずは使用したい携帯電話が海外で使用できるかどうかを調べ、次に自分の契約が海外通話に対応しているかを確認しましょう。但し、通話料が高くなるので、海外で長期滞在される方は現地で携帯を購入し、現地の通信会社と契約することが一般的ですね。

気をつけたいパケット通信とは

パケット通信とはインターネットや携帯電話を含めたデータ通信で主に使われている通信方式です。インターネットでレストランなどを検索する場合などで使われます。最近は海外でもパケットし放題といったサービスがあります。

関連サイト:海外旅行でスマホ利用、高額請求で泣かないために(日本経済新聞Web版)

海外で日本のiPhoneは使えるのか?

日本のソフトバンクやauなどで販売されているiPhoneには「SIMロック」((電話番号を特定するための固有のID番号)がかかっています。SIMロックがかかっていると、特定の通信会社のみしか使用できません。

直接、上記の会社と契約していれば使用できますが、現地の通信会社との契約はできません。そのため、現地でSIMフリーの携帯を購入されることが多いようです。また、SIMロックを解除することは国によって違法となります。

関連サイト:米国で1月26日より携帯キャリアの許可なしでの「SIMロック解除」が違法に(livedoorNews)

海外で日本のiPhoneが使用可能になりました。

最近まで日本で購入したiPhoneにはSIMロックがかかっており、海外では携帯電話としては使用できませんでした。しかし、アップル公式サイトで販売しているiPhoneではSIMロックが解除されており、海外で現地の通信会社と契約して使用することができるようになりました。

関連サイト:アップル公式サイトiPhone

国際対応の日本のキャリアサイト

World Wing(Docomo)

GLOBAL PASSPORT(au)

国際サービス(ソフトバンク)

海外での携帯電話・スマホ事情

SIMロック解除出来るようになったとはいえ、通信料の高さから海外では現地国のSIMフリー携帯電話・スマホを別に購入すること一般的です。

ワーホリなどであれば滞在期間が限られているので、安いスマホや中古を購入し、2台所有していることもよくあります。日本のスマホはWifiが使えれば、日本とのLineやスカイプ、Facebook専用として使用されていますね。