一時帰国×ホテル×成田国際空港

最近、格安航空会社(LCC)が増えてきておかげで、格安の運賃がさらに安くなる早朝便や深夜便が増えてきました。安くなるのはいいのですが、自宅から空港までが遠い方や国外からの乗継が問題になります。そこで、成田国際空港を使うときに便利な宿泊施設をご紹介します。

まとめ

  • LCCの影響で早朝便や深夜便の利用が増えている。
  • 都内に出て宿泊するより、成田国際空港内外のホテルが便利。
  • 近未来的なカプセルホテル、9h nine hoursが面白い。

成田国際空港の宿泊施設

海外から日本に帰国する際に使う空港は色々ありますが、地方に直行便が出ていない場合、多くは成田国際空港を経由します。また、都内に住んでいる方も成田を利用することが多いでしょう。特に成田は羽田空港との差別化で格安航空会社(LCC)の就航に力を入れています。

関連サイト:旅ならるるぶトラベル

成田空港内や空港周辺には日航ホテルや成田東武ホテルエアポートなど、いくつかホテルがありますが、今回ご紹介するのが、ナインアワーズ成田空港です。ナインアワーズは近未来を思わせるカプセルホテルです。

9h nine hours(ナインアワーズ)

こちらのホテルは成田空港第2ビルから1分と直結した場所にあり、3,900円からというカプセルホテルです。24時間いつでも1時間から借られるので、ちょっとした休憩やシャワーを浴びたい方にも便利です。

カプセルホテルというと男性的なイメージがありますが、こちらは女性専用のフロアも用意されており、近未来的で無機質的な感じがしなくもないですが、乗り継ぎと格安航空券を組み合わせると時間を有効に活用できます。さらに、交通費を払って都内に出て宿泊することを考えるとお得に使えそうです。

9hoursの内訳は上記のように最初の1時間でシャワーを浴びて、7時間寝て、1時間は身支度する時間というコンセプト。名前の由来がシンプルでいいですね。

関連サイト:9h nine hours(ナインアワーズ)

関連コラム

海外移住のための住まい