失敗しないための海外移住先の選び方

じゃあ、海外移住をするといってもどこがいいの?ということですが、まずは海外移住の目的にあっているのか?生活していけるのか?ビザ(査証)はどうするのか?など、希望する海外移住先の候補を挙げていきましょう。

海外移住先を選ぶ

海外移住は夢や理想だけでは実現しない

なぜ海外移住をしたいのでしょうか?福島の原発問題や日本の将来を不安視する方、海外旅行をして海外生活をしてみたくなった方、国際結婚、定年退職後の余暇など様々な理由があると思います。

ただ残念なのは、海外に何となく住みたいけど何をしたらいいか分からない、老後はのんびり暮らしたいという理想や夢だけで終わってしまうことです。まずは、海外移住をするためには情報を集めるということが重要です。

例えば、現地での生活費やビザの問題、仕事など事前に調べたり、実際に海外旅行してみる、移住体験をするなどです。もしかすると行動を起こしていくなかで、希望していた国以外にも条件に近い国が見つかるかもしれません。

もし希望する国が決まっていないのならば、まずは自分なりに海外生活したら何をしたいのか、海外移住にあたっての条件を書き出すことから始めましょう!

関連サイト:スタートの春!自分を磨ける海外移住先は?(All About)

海外移住先を決めるときのポイント

海外移住先を決める上で一番重要といっていいのが、移住するためのビザ(査証)の取得をどうするのかです。海外で仕事をするには原則としてワークビザが必要ですし、留学なら学生ビザ、退職後なら退職者ビザ、事業なら投資家ビザが必要です。

ビザの種類については、現地国の在外公館や現地の移民局サイトなどので情報収集をすることから始めましょう。場合によっては、専門業者や仲介サービスを利用する方法もあります。

ただし、ビザに関する法律は国の情勢によって改正されることも多いので、最新の情報が求められます。決してブログサイトや過去のネット情報をもとに判断しないようにしましょう。

海外移住の大きな目的のひとつ、永住権

海外移住先を決める上で考えて欲しいのが、永住権が得たいのかどうかいうこと。永住権は現地国に住み続ける権利で、他のビザのように国の政策方針で急にビザの更新ができなかったりした場合でも安心です。この永住権が取れるかどうかは色々な条件があるので、永住権を目的としている場合は確認しておきましょう。

関連コラム:海外移住と永住権の関係。海外で安心して生活したいなら、永住権が取得できるかが重要

海外移住先を決めるときの条件例

ビザ以外にも様々な条件をもとに優先順位を考慮して海外移住先を選ぶことも大切です。海外移住にあたって必要な条件例をいくつか挙げてみました。

<海外移住を考えるときの条件例>
・目的や夢
・家賃/物価などの生活費
・治安
・医療
・気候
・言語
・永住権が取れるのかどうか?
・仕事をどうするのか?
・日本からの距離/飛行時間
・学校・子どもの教育環境

これらの条件は海外生活をしてみなければわからないことも多いので、希望する国・地域があれば、実際に旅行や移住体験をしてみることもオススメです。理想や夢で終わらせないためには、まずは行動することが大切ですね。

管理者がニュージーランドを海外移住先と決めた理由

では、実際になぜニュージーランドに決めたかというと、以下の点が主な理由です。

①その当時は生活費が安かった。
②自然が多く、のんびりしているイメージ。
③治安がいい。
④移民政策でビザが取得しやすく、永住権までつなげることができる。

これらは、その当時のことなので生活費が現在のように生活費高くなるとは予想していませんでした。また、永住権も国の政策転換で取得が厳しくなり、外国人が永住権を取りにくくなっています。このように状況は変わる可能性があるので、それに対応していく必要があります。

スポンサーリンク
コメントの入力は終了しました。