海外移住×英語勉強法×超字幕

海外生活でかかせないのが、語学力。特に英語が話せることは、海外移住では必須なスキルになります。英語勉強の難しいところは、人によって適した勉強法が異なるところ。自分に合った勉強法を見つけることが重要です。勉強のひとつとして、目や耳から入る勉強法超字幕をご紹介します。

まとめ

  • 英語と日本語のスクリプトの同時表示ができるので、便利
  • 初心者のうちは中学校のテキストや瞬間英作文の方が効率的
  • 繰り返して観ても飽きない映画を選ぶのがコツ

映画を楽しみながら英語を勉強する「超字幕」

関連サイト:超字幕

超字幕は、映画のセリフに英語と日本語の字幕表示はもちろん、2ヶ語を同時表示させることできるため、英語を映画から学びために役立つ機能がついています。USB版の他に、ダウンロード版もあるので、海外からも購入が可能です。さらに、会話のスピードも調整することができるので、聞き取りが不安な方でも内容を楽しみながら学ぶことできます。

初心者がいきなり映画から英語の勉強をしない方がいい

ただし、初心者がいきなり超字幕を使って勉強するのはオススメできません。というのも、映画から英語を学ぼうとすると、繰り返し観ることが必要になります。映画で英語をマスターしたよ、という方は同じ映画を何十回も繰り返した観た方が多いのです。

そのため、勉強として考えるなら時間がかかるので効率が悪くなります。字幕があっても初心者にとって聞き取りは難しいでの、最初は映画よりも中学校のテキストや瞬間英作文などを使って、短い文章や決まり文句を覚える方がいいと思います。超字幕は、初心者から脱した後からの方が効率よく学ぶことができるでしょう。

100回観ても飽きない英語を選ぶのがコツ

映画を観て勉強する方法の問題点は、映画の内容が分かってしまうと飽きてしまうこと。映画で英語をマスターした人は、実は同じ映画を100回ぐらい観たという人が多いのが現実です。簡単に英語が上達することはなく、日本語字幕→英語字幕→字幕なしの順に話の内容を覚えるくらい繰り返し観ています。

個人的にオススメなのが、トムハンクス主演の「ショーシャンクの空に」やニュージーランドが撮影の舞台になった「ロードオブ・ザ・リング」です。もちろん内容の好き嫌いがあると思うので、まずは映画をTSUTAYAなどでレンタルしてみて何度も観れる映画かを確認した上で、超字幕を買うことをオススメします。

関連サイト:超字幕