海外移住・海外生活で気をつけたいパソコンのウイルス対策

海外移住でかかせないがパソコンとインターネット。ニュージーランドでもカフェなどで簡単にネットに接続することができますが、ウイルスなどに対するセキュリティが心配になります。無料のものから、料金が毎年かかるもの、定期更新版など色々とあります。

海外移住・海外生活でウィルスなどに対するセキュリティは重要

海外移住や海外生活でインターネットに接続することがありますが、最近は公共Wifiや商用Wifiが多くなり、無線Wifiのネットワークを開くとカフェや道端でも簡単にWIFIにつなぐことができるようになっています。

簡単にネットにアクセスできるようになる反面、ウィルスがパソコンに入り込む可能性が高くなっています。やはりウィルス対策ソフトをインストールしておくことは大切です。個人情報や銀行などのパスワードが知らない間に悪用されているかもしれません。

どのセキュリティソフトがいいのか?

セキュリティソフトといっても、Google検索すると色々なソフトがあることが分かります。有名なところでは、ESETセキュリティソフトシマンテックのノートンカスペルスキートレンドマイクロのウィルスバスターマカフィー、などでしょうか。

価格は無料(フリー)のものから1年版、3年版などニーズに合わせた設定がされていますが、パソコン初心者には性能を比較することはちょっと難しいので、人気ランキングとか価格、お試しの無料ダウンロードで実際に使ってみて選びましょう。

関連サイト:セキュリティソフト 通販 価格比較(価格.com)

支払いが最初の1回のみ&更新無料のソフト

無料(フリー)のソフトではセキュリティが本当に大丈夫なのか、心配。かといって、毎年、料金を払うのは面倒だしコストがかかる。そのような場合は、ソースネクストのPRウイルスセキュリティZEROがオススメです。

初回に1回払うだけで、OSバージョンの使用期限が続く限り更新が無料になっています。費用を抑えたいなら便利なセキュリティソフトです。海外移住を前に対策をされていない方はウイルス対策しておきましょう。

スポンサーリンク
コメントの入力は終了しました。