海外移住と生命保険/医療保険の関係。海外移住後は日本の保険はどうなる?!

海外移住後に心配になるのが、「命や健康のこと」。現在加入している日本の生命保険や医療保険は海外移住後にも適用になるのでしょうか?それとも解約しなければいけないのでしょうか?海外移住と生命保険/医療保険の関係についてご紹介します。

海外移住と生命保険/医療保険の関係

海外移住後、加入している生命保険/医療保険はどうなる?

海外転出届を提出して住民登録を抹消されている方(非居住者)でも、保険会社によっては現在加入している生命保険/医療保険が適用になる場合があります。その場合でも、海外に居住していることを届けておく必要があります。

ただし、海外移住後に日本の生命保険や医療保険に新規加入することはできません。私も実際にメールで保険会社に問い合わせをしたのですが、保険適用については問題がないことが分かりました。会社名は伏せますが、下記はその内容を転載したものです。

海外へ転居される場合、海外のご住所は登録できないため、日本国内のご連絡先(ご親族宅等)をお知らせいただいて、そこをご住所として登録させていただきます。また、保険料につきましては、●●様のご契約は保険料は口座振り替えとなっており、ご変更がなければこれまでどおり日本国内のご自身の口座から保険料を振り替えさせていただきます。カード扱いへの変更をご希望の場合は、変更書類をご提出いただきます。

以上のように、ご契約の継続は可能でございますが、お手続き等はすべて日本国内の登録住所を経由させていただくことになります。海外に在住されている方の給付請求についてですが、ご契約の保険につきましては、日本と同程度の医療施設に入院され、当社所定の英語の証明書をおとりいただける状態であれば、約款どおりの保障をさせていただいております。英語の証明書については、日本語への翻訳の必要はございません。また、ご請求の場合の振込口座は日本国内の受取人様名義の口座となり、日本円での振り込みとなりますのでご了承ください。

このように支払いが継続されている場合は保険契約が継続されています。ただし、保険会社の規定が異なる場合があるので、事前に確認しておく方がよいでしょう。

知っておきたい国民健康保険の海外療養費制度

海外留学や親子留学、ロングステイ、ワーキングホリデーなどの海外移住でも医療保険/生命保険の加入をオススメします。実は、住民登録を抹消しない方(日本居住者)であれば、海外で治療などを受けた場合は国民健康保険の海外療養費制度が適用になります

国民健康保険の海外療養費制度は日本国内で治療などを受けた場合と同じく自己負担3割で保険が使えます。ただし、日本国内の診療所・病院で受けられる療養費が基準となるため、日本では安い治療費でも海外では高額な治療費がかる場合があります。

海外では日本では考えられないトラブルや事故などが起こりえます。そのような時に、本人も家族も安心できる医療保険/生命保険に加入しておくことをオススメします。

海外で保険金などを請求することになったら?

海外移住中に保険金を請求する場合は、①日本の代理人に手続きをしてもらう、②日本に帰国して手続きを行う、③海外から直接郵送にて手続きを行うなどの方法があります。

診療や治療を受けた場合は、病院などからもらった領収書などは保管しておきましょう。また、各保険会社によって対応が異なるため、緊急でない場合は事前に支払いに関して確認しておくと面倒が省けます。

各保険会社には「海外渡航のてびき」が用意されていることがあり、海外渡航の届けを出すことで適用になることがあるでの確認しておくと良いでしょう。また、海外移住後に日本に帰国しなければいけない状況がでてくるかもしれません。そのためにも現在加入している日本の保険は解約せずに保険料を払ってでも契約を継続しておくほうが望ましいと思います。

日本の生命保険/医療保険の支払いはどうするのか?

現在加入している保険に対して海外移住後も保険料を支払い続ける必要があるので、代理人による支払いや口座引き落としやクレジットカードで支払うことが一般的です。将来に渡って保険料を支払い続けるために、まとまったお金が必要になるので、海外移住前に生命保険/医療保険の見直しをオススメします。

日本の生命保険/医療保険の見直し

生命保険/医療保険の見直しですが、本人の意思や家族構成、保険料を考慮して必要な保険を決めましょう。場合によっては、ファイナンシャルプランナーなどの専門家に診断してもらいましょう。