海外生活×英語×瞬間英作文

海外で生活していてよく聞かれるのが、英語の勉強はどうやりましたか?ということです。海外に住んでいる今でも英語の勉強は続けていますが、日本で勉強を始めたばかりのときは、色々な方法を試しました。その中でも「瞬間英作文」という考え方はとても良かったので、ご紹介します。

まとめ

  • 瞬間英作文とは、日本語訳を瞬間的に口から英語にすること。
  • 文法の勉強とあわせて瞬間英作文をすると効率的。
  • 瞬間英作文とオンライン英会話を組み合わせると、さらに効率的。

瞬間英作文と、そのメリット

瞬間英作文とは簡単なレベルのフレーズや文章を英語を素早く声に出して作るというものです。この素早くというところがポイントで、意識しないでもすぐに英語が口に出てくれば、日常で英語を使う場合に役立ちます。実は日常会話が一番難しく、ビジネス英会話と異なり、話す内容が広がりやすい会話は難しいのです。

その日常会話を勉強するとなると、範囲が広すぎて何から手をつければいいかが分からなくなります。まずは瞬間英作文で文型や文法にそった英文を繰り返し口に出してパターン化をさせることで、色々な会話の場面で活用することができます。この方法の良いところは、自己学習が可能で、市販されている「どんどん話すための瞬間英作文トレーニング (CD BOOK)」や中学の教科書でも勉強できることです。

瞬間英作文を使いながら文法を学習する

瞬間英作文を利用していくなかで、文法を同時に学ぶこともできます。時には参考書を使うことも大切ですが、文法は「話す上でのルール」なので、堅苦しく考えずに口に出すことが大切です。繰り返し英語にすることでパターン化させ、そのパターンが実は文法だったということになるのです。英語を学び始める上で、5文型はVがOがCでということ頭で考えるよりも大切なことだと思います。

瞬間英作文とオンライン英会話を組み合わせる

この自己学習とオンライン会話を組み合わせると、より効率よく効果を発揮します。例えば、オンライン英会話のDMM英会話では瞬間英作文のテキストを教材として無償提供しています。レッスン予約をする際に各瞬間英作文のテキストやページを選ぶことができ、ダウンロードもできるので予習や復習をすることが可能です。

レッスン方法は色々ですが、初心者の場合は予習で英文を覚えるまで繰り返し音読しておきます。そして、レッスンでは講師が文章の頭につけられた番号を告げるので、それにあわせて英文を話すだけです。ただし、講師は日本語が分からない場合が多いので、ちょっとしたニュアンスの違いは説明できません。

このレッスン方法の良いところは、あくまでも実際に相手に向かって話すということ。音読では自分でコントロールできてしまうので、相手のリズムにあわせて英文を話すということができません。さらに、オンライン英会話の一般的な25分レッスンの場合は、10分を日常会話+15分を瞬間英作文と組み合わせることもできます。

関連サイト:DMM英会話