海外生活×Kindle×PC

やっとAmazonジャパンで、PC上で読める無料アプリ「Kindle for PC」が提供されることになりました。今までは電子書籍を見るためには専用端末かiPhone用のアプリを使わなければいけませんでしたが、今回、PC版のアプリが出たことで、日本のAmazonで購入した電子書籍をPCで閲覧することができるようになりました。

まとめ

  • コンテンツをパソコンにダウンロードしておけるので便利
  • 読み始めた本の続きを前回読み終えた箇所から読書を再開できる
  • 原則、Kindleコンテンツは海外で購入できない

パソコンの大画面で読めるのは便利

photo credit: smashmedia via photopin cc

iPhone用のアプリも公開されていましたが、小さい画面なので読むのにはあまり適していませんでした。逆に大きな画面で読むにはKindle端末やiPadなどを購入する必要があったため、余分なお金をかけたくないというのが正直なところでした。

やはり同じようなニーズがあったのが、既にアメリカのAmazonでは提供されていたアプリが日本でも提供されるようになりました。Kindle端末を販売したいAmazonとしては、パソコンで読むことができるのは抵抗があったのかもしれません。ただ、これで端末の使い分けができるようになって便利になりました。

読み終えた箇所から再開できるので便利

Kindle for PCでは、どのページまで読み進めたかという読書の進捗情報を色々な端末間で同期させることができます。そのため、読み始めた本の続きをどの端末からでも、前回読み終えた箇所から読書を再開することができます。

そのため、家ではパソコンで読書し、出かけ先ではiPhoneで読むといった場所や状況に合わせて読書を楽しむが事ができるようになりました。個人的にはiPhoneでは画面が小さい上、パソコンで作業することが多いので大変助かる機能です。

海外から購入できる冊数が制限されている

大変便利なKindleコンテンツですが、購入には居住国として日本国内の住所が登録されていることが必要とされています。一時期的に購入できる場合もあり、非公式では5冊までという話もありますが、それ以上の購入はできないようです。

これはIPアドレス(国の住所のようなもの)で管理されているので、たとえ日本のクレジットでも購入できません。今のところ、日本のIPアドレスをレンタルするサービスを利用するか、家族などにお願いして日本から購入してもらうしかありません。著作権の問題からなのでしょうが、将来的には解決してもらいたい問題です。

関連サイト:

「Kindle for PC」のダウンロード(Amazonジャパン)

海外での購入制限について(Amazonジャパン)

スポンサーリンク