海外移住・海外生活のための子供の転校/退学手続き

海外赴任や海外移住などで、子どもを日本の学校から海外の学校に転校させる際には転校手続きが必要になります。出国前までに日本の教科書を手に入れることや、勉強道具などを忘れずに準備しておきましょう。

学校の転校・退学手続き

海外赴任や海外移住などが決まった段階で、まずは子どもさんが通う学校を選ぶ必要があります。海外では「現地の学校に通うケース」と「日本人学校に通うケース」、「インターナショナルスクール」に入学することが考えられます。海外赴任の場合はいずれ日本に帰国することが前提なので、日本人学校に通わせることが一般的なようです。

現地の学校に通う場合は事前に入学試験や入学条件などを現地の学校に確認することになりますが、学区などの情報(学区内に住んでいないとその公立校に入学できない等)は手に入りにくいため、留学エージェントなどを利用することになります。また、海外では日本と学期が異なることがほとんどなので、入学時期を考えなければいけません。

学校への手続きとしては、子どもが通う学校に「海外への転校又は退学」の連絡と必要書類の確認を行います。手続きについては各学校に規定があると思いますが、海外の学校に通わせる場合は「転校」ではなく「退学」の手続きになる場合があります。

海外での学校入学のために必要な書類の確認

「現地校(公立・私立)」/「インターナショナルスクール」/「日本人学校」などによって必要とされる書類が異なることがあるので、事前に入学を予定する学校で必要な書類を確認する必要があります。通常、「予防接種証明書(親子手帳/母子手帳)」と英文に訳した「成績表や出席表」が必要になります。

希望する学校の願書を提出し、合格通知を受けた後は、学生ビザ取得の為の必要書類の作成が必要になります。入学に際しては、健康診断や各種許可証、留学用保険などが必要になります。準備に時間がかかるので、早めに入学に関わる情報や必要書類を調べておくと良いでしょう。

無料で日本の教科書を受け取る

海外子女教育振興財団では、これから海外移住する小・中学生のために無料で日本の教科書を配布しています。日本の教科書を受け取るには、通学している学校から「転学児童・生徒教科用図書給与証明書」を入手します。その証明書を財団に提出しますが、海外で使用する教科書の配付は子どもの出国の約2か月前からとなっています。

出国前に教科書を入手できなかった場合や既に海外に居住している場合は、在外公館(大使館、領事館)を通じて無償で日本の教科書を手に入れることができます。各在外公館で手続き方法・申込受付期間が異なりますが、教科書下巻の申請時期は配布される年の3月から4月頃、新年度の教科書の申請時期は配布される前年の8月から9月頃の申請となります。

ただし、この無償配布は主に海外赴任に伴う転校を対象としているため、海外永住の場合は教科書の無償給与の対象とはなりません。別途、窓口で教科書を購入することが可能です。詳しくは下記のサイトをご確認ください。

関連サイト:日本の教科書の無償配付(海外子女教育振興財団)