海外移住のための下見×宿泊×Airbnb

海外旅行でホテルなどに泊まるのも楽しみですが、長期間宿泊するには飽きるかもしれません。そのようなときは現地の個人宅に泊まることができれば、現地の人と触れ合ったりと、一般的なホテルとは違う体験ができるかもしれません。

まとめ

  • Airbnbは現地人の個人宅にも泊まることができる宿サイト
  • 本格的な海外移住前の下見や移住直後の短期滞在にも便利
  • ニュージーランドのオークランドで検索すると65件が見つかった

新しい宿のスタイル、Airbubとは

Airbnbとは、宿泊を目的としたスペースを借りたい人と貸したい物件や部屋を持つ現地の人をつなぐサービスを提供しているサイトです。それぞれ「ゲスト」や「ホスト」とされ、どちらも事前に会員として登録する必要があります。ホストは身分証明を含む個人情報を提供し、部屋の料金や設備をサイトに掲載することでゲストが安心して利用できます。

そもそもAivbnbの「bnb」は「Bed and Breakfast」の略です。シンプルな朝食のみ付いている宿泊タイプで、海外では一般的なスタイルですが、このAirbnbで提供されている宿や部屋すべてに朝食が付いているわけではありません。あくまでも「B&B」などと書かれていれば、朝食が付いていると考えていいと思います。

宿泊人数も指定できるので、家族での一時期利用には便利

Airbnbで個人宅を選べば、現地国の生活に触れる機会が多くなるので、海外移住前の下見や海外移住直後の一時的な宿泊には適しているかもしれません。特に家族で移住する場合は大人数になる場合があるので、その際、宿泊人数を指定して検索すると宿を安く借りられる可能性もあります。

また、日本のように賃貸で1年契約が多い国の場合はホテル以外で短期の宿泊施設を見つけることが難しい場合があります。その場合にでも、短期でも長期でも借りることができる個人宅を選ぶと生活感を体験できると思います。ホストにとってもを空いている部屋や期間を貸すことができるので大きなメリットになります。

ちなみにオークランドで宿を検索してみました

Airbnbには日本語サイトもあるので、オークランドで検索をしてみました。家族を想定し、宿泊人数は4名、3月某日から1週間。その結果、65件が該当しました。個室もありますが、4人ということもあって「まるまる貸切」の件数が多いですね。料金は安くて1泊7,000円程度から50,000円ぐらいまで、但しAirbnbを使う手数料が別途かかります。しかし、その1泊7,000円は何故かテントでした。。。。

オークランド:立地はオークランド国際空港よりも南

そういう意味では一軒屋やツリーハウスからテントまで掲載できるのは面白いですね。

関連サイト:Airbnb(日本語サイト)