英語学習ソフト「超字幕」シリーズに「24-TWENTY FOUR-」が登場。超字幕は映画で英語が学習できる機能が満載。

今回、新しく英語学習ソフト「超字幕」に日本を始め、世界で大ヒットした海外TVドラマ「24-TWENTY FOUR-」が登場しました。今更ながら「24-TWENTY FOUR-」はジャック・バウアー主演のハードアクション。映画で英語の学習を続けるためには、面白いことが一番重要かもしれません。

1.海外TVドラマ「24-TWENTY FOUR-」の魅力

ジャック・バウアーといえば、お笑い芸人「どきどきキャンプ」を思い出しますが、人気俳優キーファー・サザーランドが演じていた有能な捜査官。アメリカのロサンゼルスを舞台に同僚や家族たちとテロリストとの戦い、色々な事件がリアルタイムで進行し、全シーズンが1話1時間の全24話で完結するTVドラマです。

TVシリーズなので内容に連続性はありますが、基本は「ある一日(24時間)」の出来事なので、そういう意味ではどこから観てもいいのが魅力のひとつです。英語の勉強では繰り返し観ることが大切なので、その意味では一話完結は学習には便利です。ただ事件性のある話題ばかりなので、その意味では危ない英単語が多くなってしまうのがネックですね。

2.英語の学習に役立つ3つの機能

映画DVDを観るには普通にDVDを借りてきたり、今ならネットでレンタルもできますが、超字幕を使うメリットは英語の学習に便利な機能があることです。

日本語と英語の同時表示に切り替え可能。

字幕の英単語にマウスを置くと意味の表示が可能。

再生速度は、0.6~2.0倍まで調整可能。

他にも英語学習に役立ちそうな機能はありますが、通常DVDではできない機能です。特に日本語と英語の同時表示機能は、これまでは日本語と英語をいちいち切り替えなくてはいけなかった手間を考えれば格段に学習効率が良くなりますね。やはり英語学習では「理解するための手間をいかに省くか」が大切です。

関連サイト:超字幕

3.そもそも映画TVドラマで英語の学習は効果がない

色々と便利な機能がある「超字幕」を紹介してきましたが、個人的に経験上、映画やTVドラマで英語の学習は学習初心者には効果がないと考えています。”効果がない”と書くと語弊がありますが、映画やTVドラマで使われている英語は難し過ぎるのです。

映画やTVドラマを「超字幕」を使って英語の勉強する場合は、英語の学習中級者からの方がいいと思います。初心者は「瞬間英作文」などのテキストを使った方が、文も短くて効率的です。ただ瞬間英作文などの英語学習の間で、日本のTV番組を見るくらいなら「超字幕」を使って観た方がいいという気分転換としては最適です。

つまり、映画やTVドラマで英語の学習ができた!という方は、そもそも基礎的な英語力があるか、同じ映画を100回(イメージです)ぐらい観た状態であれば納得できます。「超字幕」で熱心に英語の学習をするよりも、初心者はするべきことがあると考えています。最初は娯楽として、そして、その後は学習用として使う方が効率的だと思っています。

このコラムに関連するコラム一覧

海外移住に必要な英語力とは。

海外移住×英語勉強法×超字幕

海外生活×英語×瞬間英作文

スポンサーリンク