海外移住・海外生活と在外投票。海外から日本の将来を決める

国外に居住する日本人の方に国政選挙の選挙権行使の機会を保障するため、在外投票という制度が施行されています。国政選挙に限定されますが、日本の将来のために是非、在外投票をしましょう。在外投票の方法をご紹介します。

海外に住んでいる人が日本の選挙で投票ができますか?

国政選挙に限定されますが、海外で投票できる仕組みがあり、「在外選挙制度」です。対象は日本国籍を持つ18歳以上の有権者で、在外選挙名簿に登録後に在外公館や郵送にて投票をすることができます。

在外選挙人名簿への登録申請は、お住まいの地域を管轄する在外公館(大使館、総領事館)など受付しています。登録されるためには、その在外公館の管轄区域内に3か月以上継続して住んでいる必要がありますが、登録の申請は住所を定めていれば3か月経っていなくても行うことができます。

ただし、海外に転出し在外選挙人名簿への登録をするためには役所へ海外転出届を行っておく必要があります。転出届を行わないと国内の選挙人名簿に登録されたままとなるためので注意しましょう。

関連サイト:
在外選挙(外務省)
在外選挙関連申請書一覧(外務省)