意外と知られていない高校生のための海外留学奨学金制度

奨学金のイメージは大学進学などのイメージがありますが、実は奨学金のなかには高校生を対象とした海外留学奨学金制度があります。意外と知られていない高校生のための海外留学のための奨学金をご紹介します。

1.海外留学奨学金を調べるなら「海外留学支援サイト」

海外留学奨学金を調べるには、日本学生支援機構の海外留学支援サイトが役立ちます。海外留学奨学金の申請を考える方に向けたQ&Aやガイドも充実しています。

はじめて海外留学を検討されている方には、「海外留学ガイドブック

」が役立ちそうです。基本的な情報に加えて、留学に向けての注意点なども掲載されています。

このガイドブックでは、「私がつくる海外留学」として「第2章 留学しようと思ったら~留学について知ろう」で構成されています。なかでも「語学学校へ留学する」では、高等教育機関付属の語学学校でも奨学金が出る可能性があります。

2.実際に対象を高校生に絞って奨学金検索をしてみました

では実際に高校生に対象を絞って探してみましょう。しかし高校生の検索項目がないので、今回は高校以下で検索してみました。その結果、10件程ヒットしました。ただし、県や地域の団体が多いので住居条件が指定されてしまいます。

例えば、「新潟市高校生留学支援事業」では応募資格が、高等学校・高等専門学校・専修学校高等課程の第1・2年に在学する人、またその予定の人。そして、AFSプログラムに応募している必要があります。支給は給付型(返済不要)でプログラム参加費の半額相当(定額625,000円)でした。

実は応募基準によく出てくるAFSは国際的なボランティア団体であり、日本では公益財団法人の日本AFS協会として、ホームステイファミリーの斡旋や留学プログラムの紹介をおこなっています。

3.トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム「高校生コース」

官民協働の留学促進キャンペーン「トビタテ!留学JAPAN」では、2015年度から高校生コースが設立されました。この夏、1期生として総勢303人(女子218人、男子85人)が決まり海外留学を体験しているはずです。

高校生コースは今年初めて募集で、応募者はアカデミック、スポーツなど4コースから1つ選び、自分で立てた留学計画を提出して選考を受けます。

選考後に、それぞれの地域や条件にあわせて渡航費や授業料などの資金を援助してもらえることになります。詳しくは、下記の動画や専用サイトをご確認ください。

関連サイト:トビタテ!留学JAPAN「高校生コース」

スポンサーリンク