【無料】くらしとお金に関するセミナーと相談会を全国で開催

今年の11月7日は「FPの日」です。FPとはファイナンシャルプランナーの略で、相談者の悩みや希望を聞き、夢や目標を整理しながら人生プランを作成します。そこで、FPに相談できることと方法についてご紹介します。

photo credit: The Forman School via photopin (license)

1.保険だけじゃないFPの役割とは?

FPと聞くと、たまに「保険屋さんでしょ?」とか言われたりしますが、FPは「ファイナンシャルプランナー」という金融やマネー等に対してプランを一緒に作成することが本筋です。FPは中立な立場で保険の仕組みや商品などをお客さんにすることも仕事のひとつです。

一般的には、相談者の悩みや希望を聞き、夢や目標を一緒に整理します。そして、その実現に向けて家計をチェック、ライフスタイルに対する価値観などを話し合いながら、無理のないファイナンシャル・プランの作成を行います。

では、具体的にどのような相談ができるかというと、

 相談できる内容

● 家計管理や家計収支の見直す方法は?

● お金の運用方法は?

● 子供の教育費の目安は?

● 住宅購入や住宅ローンを見直すには?

● 保険の見直し方法は?

● 老後や年金のことが心配なので老後の生活設計を立てるには?

● 住宅ローンの返済計画を見直す方法は?

など

出典:日本FP協会

お金に関係することを相談できます。積極的に相談することで将来の計画を見つめなおす良い機会となるでしょう。

2.FPに相談する前に知っておきたいこと

いきなり何も持たないで相談しても具体的なアドバイスができないので、事前に相談の流れと必要なものを確認しておきましょう。相談の流れは全体の〔現状把握→希望や要望の確認→プランの作成〕と個別に教育費やローンの借り換えなどの具体的な相談に分かれます。

事前に必要なものを作る場合は、便利ツールで家計をチェック(FP協会)が参考になると思います。あまり細かい内容を作ろうとすると大変になってしまうので、 現在の資産や負債の状況、そして収入と支出だけでも書き出しておくと良いでしょう。

FPに相談する大きなメリットは、「現状把握する機会を得ること」そして「これからのイベントや費用を知ることができる」ことです。たとえば結婚して子供が生まれたら教育費はいつ、いくらまで必要なのか?などを事前に知っておくことで貯蓄や投資に回すことができます。忙しい日常生活のなかで、家計を見つめなおすのは難しいですよね。

3.くらしとお金に関するセミナーと相談会を全国で開催

毎年11月第1土曜日(今年は11月7日)を中心に、全都道府県で「FPの日」(参加無料)が開催されます。その「FPの日」では無料のセミナーや相談会が予定されています。

 「FPの日」は、協会の活動方針のひとつである「ファイナンシャル・プランニングに関する知識の啓発と普及」に沿ったものであり、地域の生活者の方にFPを身近な存在と感じていただき、ファイナンシャル・プランニングへの理解を深めていただく機会としています。

出典:日本FP協会

以前、ある番組で定年を迎えたご夫婦がライフプランニング表を持って、不動産購入の話をしているのが印象に残っています。必ずしも海外移住に詳しいFPがいるとは限りませんが、将来のライフプランを見つめ直してはいかがでしょうか。

関連サイト:FPの日特設サイト

スポンサーリンク