海外移住コラム

【メリット】海外在住者こそブログやWebライターに向いている理由

Writer

海外在住者でお小遣いを稼ぎたい人向け

「海外ではワークビザがないと働けないし・・・」

「子どもが大きくなるまでは面倒をみないといけない義務もあるし・・・」

「時間はあるけど、何をしたらいいか分からない・・・」

こういった疑問に答えます。

 

海外在住者の場合は現地で働くことができるワークビザがないと仕事ができなかったり、日本のようにショッピングや食事をする場所が限られていて、時間が余っている人も多いはずです。

 

だけど、小遣い程度ぐらいは稼ぎたいと思っている人も多くいます。海外で小遣い程度といっても物価が安い国とかなら、ちょっとした贅沢もできますよね。しかも、日本円なら一時帰国した際に使うこともできます

 

もし、海外在住者で時間を持て余しているなら、ブログやWebライターをやってみことをおすすめします。

 本コラムの内容

・なぜ海外在住者はブログやライターに向いているのか

・ブログの始めかた

・Webライターになるには?

このコラムを書いている私は2013年の海外生活を始めてからブログを開設しています。途中、何も書かない時期もありましたが、現在で6年目になります。このブログが続けられた理由としては「海外在住だった」というのが大きいですね。

海外に在住しているだけで、「海外に興味を持つ人は多いんだな」とか、「こんなことで興味をもってくれる」という事が分かりました。

そこで、今回は「海外在住者こそブログやWebライターに向いている理由」をご紹介します。

海外在住者こそブログやWebライターに向いている理由

ライター2

海外在住者に限らず、「ブログ作成やWebライターなんて続かない」とか「どうせ稼げない」といった話がありますが、それはやり方が間違ってることが多いです。

ブログやWebライターなんて初期の投資がほとんとかからないし、スキルとして資産に残すことができるのでおすすめです。

では、内容をご紹介していきましょう。

海外在住者がブログやWebライターに向いている理由

向いている理由は次の3つです。

①日本にいる人は海外生活に憧れている

②Youtubeや電子書籍でやり方が海外でも学べる

③生活する場所によっては「すること」が限られている

その①:日本にいる人は海外生活に憧れている

海外在住者にとって海外生活は当たり前になっているかもしれませんが、
実は日本に住んでいる人から見れば、海外生活すべて未知の領域です。

”買い物にしてもグルメにしても海外生活をしている人は憧れの的”とも言えます。

ちょっとした日常のことをブログに書くだけでも興味を持つ人はいますし、生活している国に興味を持っている人がいれば、なおさらです。とりあえず、ブログを開設して日常のことを書くなら何でもOK。

いつもブログ作成の参考にさせてもらっている人もこういっています。

「何を書いていいかわからない」とか「文が短い」などといった心配をする人もいるかもしれませんが、大丈夫です。

最初は誰も読んでいません。

もちろん、最初からSNSを活用してブログを読んでもらうということはできますが、基本的に初めてブログを作る初心者はそういう真似はできません。3行でもいいので書いて、書くことが習慣化されたら、こそっと修正しましょう。

その②:Youtubeや電子書籍でやり方が海外でも学べる

最近は海外でも電子書籍を購入して読んだり、Youtubeなどの動画を見ることが簡単になっています。ブログやWebライターをするのに抵抗がある人は、ネットで検索する以外にも電子書籍を購入したり、Youtube動画を見るのがいいですね。

 

特に、電子書籍を購入するのは検索やYoutubeと違って「お金を使っている」という点でおすすめです。人はお金を使うと、そのもとを取ろうと無意識で思ってしまいます。

 

もし、何冊も購入するのにためらいがある人は、AmazonのKindle Unlimitedが便利です。月々の料金はかかりますが、対象の書籍は何冊でも無料です。初月は無料なので、ざっと欲しい書籍を読んでから解約するのもありです。

その③:自由な時間が日本に比べて多い

海外在住者の大きなメリットは、時間的な余裕が多いこと。

 

ヒマといっては怒られるかもしれませんが、海外で働くと残業とか日本のように当たり前ではないことが多いです。家から会社まで通勤で1時間半もかかっているとかいったことも少ないでしょう。

 

もちろん、会社によっては残業や通勤時間がかかる場合もあるとは思いますが、ニュージーランドではあまり聞いたことがありません。どちらかというと、金曜日は就業時間が昼の3時とかに終わるよ、とか聞くくらいです。

 

あとは、「子どもを一人にしてはいけない」という国もあります。ニュージーランドも法律化されていて、ある年齢まで子どもを一人にさせていけません。小さい頃は世話がかかるのですが、大きくなるとそこまで世話がかからなくなりますよね。でも、一緒にいる必要があります。

 

そういった場合でも、ブログやWebライターとかであれば自宅で作業ができます。時間も自分で工夫して作り出せるので、時間に縛られないというのも大きいですね。

ブログの始めかた

ブログを作るのは最近は簡単で登録すれば作れるものやワードプレスなどといった少し設定が必要なものまであります。

・無料ブログなら「はてなブログ」や「アメブロ」がいい

・できればサーバー&ワードプレスがおすすめ

無料ブログなら「はてなブログ」や「アメブロ」がいい

どうせ続かないかもしれないし、無料でブログを作りたいという人には「はてなブログ」や「アメブロ」が便利です。

基本、登録するだけで数十分もすれば、書き始めることができます。ただ、最初にブログの簡単なデコレーションの設定なんかをしていると気分的にも気持ちがいいです。

海外在住者でテーマを決めていない場合のタイトルは「住んでいる国や都市の名前+ライフ」とかで最初は大丈夫です。テーマが決まれば、あとでタイトルの変更ができます。

ニュージーランドなら「ニュージーランドライフ」でしょうか。実は既に「日刊ニュージーランドライフ」という超有名サイトが存在しています。

できればサーバー&ワードプレスがおすすめ

せっかく無料ブログで続けてもカスタマイズをしたくなってきます。無料ブログは「お金がかからないのがメリット」ですが、ちょっとした変更ができなかったりします。

しかも、多くのブロガーと呼ばれる人は「ワードプレス」で作っているので、サイト構成の真似などをするのに同じワードプレスが必要ということもありえます。

ワードプレスは無料で使えますが、「サーバー」が必要になってきます。料金は数百円~数千円/月まで幅がありますが、当サイトでは「エックスサーバー」を使用しています。多くのブロガーも初心者にはエックスサーバーをおすすめしていますね。

まずは、「無料ブログでもワードプレスでもいいのでやってみること」が大切です。

 

Webライターになるには?

当サイトでコラムを書いていますが、Webライターとしても仕事をしています。ライターの仕事も自分で時間や作業量や内容を管理できるのがメリットです。

 

最初にライターとか聞くと、「だれでもできるわけでもないし」とか思いがちですが、意外とそうでなったりもします。何故かというと、発注者側からすれば高度な内容を求めているとは限らず、コピー&ペーストでなければ文字数を稼げればいいという場合もあるからです。

 

どちらかというと、「やる前から勝手にライターはこうじゃないといけないんじゃないか」と思ってしまいがちです。それでもライターに不安がある人は、「Webライティングの知識」が学べる書籍などを読んでみることをおすすめします。

 

まずは、基礎だけを抑えつつ、実際に仕事をやってみるのが大切です。

 

「いきなり仕事をやってみるんですか?」って思う人もいると思いますが、その通りです。そうでもしないと、勉強してからとか思っている人ほど何もやらずに終わってしまいます。

では、どうやって仕事を見つけるかですが、

ランサーズ:ここで登録すれば問題はないです。登録は無料。

クラウドワークス:ランサーズとほぼ同じです。登録は無料。

上記の2つで大丈夫です。

基本、この2つで仕事の経験を積むというのがおすすめです。

海外在住者のメリットを活かす

海外在住=ネタの宝庫、です。

日本の定食屋さんでご飯を食べるのをコラムにしても興味を持つ人は少ないと思いますが、海外のフードコードで日本食をコラムにするだけも十分ネタになります。

海外在住者は意外とそのメリットを気づいていないだけなのです。

今回のコラムで紹介したサービス