【生命保険・医療保険】海外移住後は日本で掛けていた保険はどうなる?

海外移住で日本の保険がどうなるか知りたい方向け。

海外移住をした後に心配になるのが、命や健康のことを考えて保険をどうするか?日本で掛けていた保険は解約しないといけないのでしょうか?

海外ではケガや病気になったときに治療費が日本と比べて高額であったり、時には大きな病気であれば日本で治療を受けないといけなくなるかもしれません。その際に日本の保険があれば安心ですよね。

そこで、今回は「海外移住後は日本で掛けていた保険はどうなる?」をご紹介します。

海外移住後は日本で掛けていた保険はどうなる?

insurance

結論から言うと、海外移住前に加入していた保険は原則として移住後も継続できる、です。

ただ、気を付けないといけないポイントもあります。

【体験談】実際に保険会社に問い合わせた際の返答

私も実際に加入している保険会社にメールで問い合わせをしてみました。下記が、その時の返答内容です。

海外へ転居される場合、海外のご住所は登録できないため、日本国内のご連絡先(ご親族宅等)をお知らせいただいて、そこをご住所として登録させていただきます。また、保険料につきましては、●●様のご契約は保険料は口座振り替えとなっており、ご変更がなければこれまでどおり日本国内のご自身の口座から保険料を振り替えさせていただきます。カード扱いへの変更をご希望の場合は、変更書類をご提出いただきます。

以上のように、ご契約の継続は可能でございますが、お手続き等はすべて日本国内の登録住所を経由させていただくことになります。海外に在住されている方の給付請求についてですが、ご契約の保険につきましては、日本と同程度の医療施設に入院され、当社所定の英語の証明書をおとりいただける状態であれば、約款どおりの保障をさせていただいております。英語の証明書については、日本語への翻訳の必要はございません。また、ご請求の場合の振込口座は日本国内の受取人様名義の口座となり、日本円での振り込みとなりますのでご了承ください。

なので、日本非居住者となって海外移住をしても保険が適用され続けることに問題がないことが分かりました。文面の内容からも含めて以下のことが注意点です。

・保険会社によって対応が異なる場合がある
・海外渡航の告知義務
・日本の国内住所を指定しておく必要がある
・日本の非居住者や海外移住予定者は新規に保険に加入できない
・保険料の支払い方法

保険会社によって対応が異なる場合がある

いくつかの保険会社に確認したところ、海外移住前に加入していた保険は移住後も保険料の支払いができれば継続できるとのことでした。ただし、すべての保険会社が対応できるかというわけではないので事前に確認が必要になってきます。

海外渡航の告知義務

海外移住をすることを加入している保険会社に事前に告知する必要があります。海外で長期滞在をすることを告知せずに保険申請すると、保険適用が受けられなくなる可能性もあるので、保険が適用できるか同時に必ず告知しておきましょう。

日本の国内住所を指定しておく必要がある

手続きや送付書類、保険料のお知らせなど、保険会社からの書類は全て日本国内の登録住所を経由することになっています。ご家族がいれば、日本にある住所に変更しておきましょう。

日本の非居住者や海外移住予定者は新規に保険に加入できない

各種保険に加入するには、日本非居住者が新規に保険に加入することはできないのが基本です。また海外移住を予定している人も同様の扱いになります。

保険料の支払い方法

日本の保険会社へ保険料の支払いをどうするかですが、家族などの代理人による支払いやクレジットカードで支払うのが一般的です。日本の銀行口座を残している場合もあるので、その際は口座から自動引き落としを選択することもできます。

まとめ

海外移住後も日本の保険に加入をし続けることは重要なことですが、保険料を支払い続けるためには資金も必要です。海外移住にかかわらず、生命保険や医療保険の見直しをしておことをオススメします。

関連コラム:【無料】海外移住FPがおすすめする保険紹介サービス3選

スポンサーリンク
コメントの入力は終了しました。