海外移住後、日本の保険はどうなる?知っておきたい生命保険や医療保険のこと

海外移住後に心配になるのが、「命や健康のこと」。

海外で命のかかわることや病気になってしまう可能性はゼロではありませんよね。特に言葉の問題や費用のことを考えると、やはり保険に入っておくべきと思う方もいるでしょう。

では、日本の生命保険や医療保険は海外移住後にもそのまま適用になるのでしょうか?それとも解約しなければいけないのでしょうか?

今回は、「海外移住と生命保険や医療保険との関係」をご紹介します。

海外移住後の保険はどうする?知っておきたい生命保険や医療保険のこと

insurance

海外移住前に加入している生命保険や医療保険はどうなる?

多くの方が気になるのは、日本居住中に加入している生命保険や医療保険が海外移住後にどうなるかことでしょう。

結論から言うと、海外転出届を提出して住民登録を抹消されている方(非居住者)でも、保険会社によっては現在加入している生命保険や医療保険が適用になる場合があることを覚えておきましょう。ただし、海外に居住している告知が必要なのが一般的です。

ただし、海外移住後に日本の生命保険や医療保険に新規加入することはできません。私も実際にメールで保険会社に問い合わせをしたのですが、保険適用については問題がないことが分かりました。会社名は伏せますが、下記はその内容を転載したものです。

海外へ転居される場合、海外のご住所は登録できないため、日本国内のご連絡先(ご親族宅等)をお知らせいただいて、そこをご住所として登録させていただきます。また、保険料につきましては、●●様のご契約は保険料は口座振り替えとなっており、ご変更がなければこれまでどおり日本国内のご自身の口座から保険料を振り替えさせていただきます。カード扱いへの変更をご希望の場合は、変更書類をご提出いただきます。

以上のように、ご契約の継続は可能でございますが、お手続き等はすべて日本国内の登録住所を経由させていただくことになります。海外に在住されている方の給付請求についてですが、ご契約の保険につきましては、日本と同程度の医療施設に入院され、当社所定の英語の証明書をおとりいただける状態であれば、約款どおりの保障をさせていただいております。英語の証明書については、日本語への翻訳の必要はございません。また、ご請求の場合の振込口座は日本国内の受取人様名義の口座となり、日本円での振り込みとなりますのでご了承ください。

このように支払いが継続されている場合は保険契約が継続されています。ただし、保険会社によっては対応が異なる場合があるので、海外移住をする前に確認しておく方がよいでしょう。

では、仮に日本居住中の保険が適用されるのであれば、保険料の支払いはどうすればいいのでしょうか?

生命保険料や医療保険料の支払いはどうするのか?

加入している保険に対して海外移住後も保険料を支払い続ける必要があるので、代理人による支払いや口座引き落としやクレジットカードで支払うことが一般的

将来に渡って保険料を支払い続けるために、まとまったお金が必要になるので、海外移住前に生命保険や医療保険の見直しをオススメします。

生命保険や医療保険の見直し方法ですが、本人の意思や家族構成、保険料を考慮して必要な保険を決めることになります。場合によっては、ファイナンシャルプランナーなどの専門家に診断してもらうといいですね。

まとめ

海外移住前に加入していた保険があれば、海外移住後も保障が適用になるかどうかを保険会社に確認しましょう。ただし、支払い方法や、将来に渡って保険料を支払い続ける資金の有無を考慮しておく必要がありますね。

スポンサーリンク
コメントの入力は終了しました。