海外移住コラム

40代になってからわかる男性でも知っておきたいこと【紫外線対策】

男性でも紫外線の対策は必要なの?と思っている人向け。

「女性は紫外線の対策をしていると聞いていますが、男性は関係ないのでは?そもそも必要なの?紫外線は別に気にしてないし、今は必要性を感じてないな。男性でも紫外線の対策は必要なのだろうか…」

こういった疑問にお答えします。

 本コラムの内容

  • 男性のコスメティックとは?
  • 紫外線の対策グッズ
  • 出来てしまったシミはどうすればいいの?

このコラムを書いている私は40代です。若い頃は年齢の割に肌がキレイとか言われていましたが、40代になって急にシミができてきました。特にニュージーランドは紫外線が日本の8倍もあります

40代になって、やっと男性が紫外線の対策をする大切さがわかりました。シミができてからでは遅いので、早めの対策が必要です。

 男性も紫外線の対策は必要なのか?

スキンケアというと女性が行うものというイメージが強いですが、男性も紫外線の対策をすべきです。シミとは、皮膚の内部に浸透した紫外線が肌の弾力を保つコラーゲンを破壊し、内部が傷つき、皮膚の表面に浮き出てきた状態です。

男性の肌は女性に比べて水分量が1/3なのに皮脂は3倍と、メイクをしないのため外気や紫外線に直接さらされる上に毎日のシェービングで大きな負担をかけています。

日ごろから肌ケアをしない男性だからこそ、早めに紫外線の対策をしておくことがおすすめです。「モテる」ためだけではなく、見た目にシミができると落ち込みますよ。

そこで、今回は「男性でも紫外線の対策で知っておきたいこと」をご紹介しようと思います。

男性でも紫外線の対策で知っておきたいこと

紫外線
男性でも紫外線の対策はしたほうがいいです。

男性のコスメティックとは?

最近、男性のコスメティックが流行っているという話を聞いたことがあります。男性が「外見を今よりよくすること」や「若さを保つこと」への関心が高まっている証でしょう。タ単純に「モテたい」という考えもありますが、オシャレでコスメをする男性も増えています。

この男性のコスメ市場の拡大とともに紫外線対策への重要性が改めて認識されています。肌を守る=いかに紫外線から肌を守るか、が重要になってきているのでしょう。紫外線から肌を守る方法は「日光を避ける」のが基本ですが、日常生活ではそうもいっていられません。そこで、紫外線の対策グッズが必要になります。

紫外線の対策グッズ

最も基本的な紫外線対策は、日焼け止めです。晴れの日だけでなく、曇りの日でも紫外線が出ているので意外と曇りの方が入念に対策をしたほうが良いと言われているぐらいです。

日焼け止めには種類がたくさんあり、どれを選べばよいか迷うと思いますが、日焼け止めの選び方の基本は「紫外線の防ぐSPFとPAという用語を理解する」ことです。

SPFは、サンプロテクションファクター(Sun Protection Factor)の略で、主にUV-Bの防止効果を表す目安の数値。PAは、プロテクショングレイドオブUVA(Protection Grade of UVA)の略で、主にUV-Aの防止効果を表す目安の数値です。

  • UV-B(紫外線B):主にシミの原因になるもの
  • UV-A(紫外線A):主にシワの原因になるもの

数値のレベルには++++、+++、++、+の4段階があり、+が多いほうが高い効果となります。

日焼け止めは紫外線から肌を守ってくれますが、同時に肌へダメージを与えていることもあります。ただ、男性は肌へのダメージとか合う合わないを判断するのは難しいので、基本はレベルが高いものを使うのがいいと思います。塗らないよりマシという考えです。

私の場合は日本へ一時帰国した際には、必ず日本の日焼け止めクリームを買ってくることにしています。そもそも海外製の日焼け止めクリームは協力で、あまり信用していません。SPF50+の記載がある日焼け止めクリームがおすすめです。

出来てしまったシミはどうすればいいの?

そうは言っても、既にシミができてしまった人には何とかしたいと考えている人もいるでしょう。シミは一旦できてしまうと消すことは非常に難しいので、化粧ではないですが「コンシーラー」などを使って見た目だけでもシミを薄くする方法があります

コンシーラーとは部分ファンデーションでニキビやニキビ跡を隠したいという人にニーズがあります。もちろんシミにも使えるので、気になるシミの部分にコンシーラーを使って薄くし、その上で紫外線予防の日焼け止めを塗ることをおすすめします。

もし、実際にシミを薄くするなら「レーザー治療」や「プラセンタ」を使う方法もありますが、リスクもあるのでやはり予防が大切ですね。

男性でも紫外線の対策は早めにこしたことはない

シミができてからでは手遅れなので、早めに日焼け止めを塗って紫外線の対策をしておいたほうがいいです。男性はあまり紫外線に脅威を感じていないかもしれませんが、年齢をかさねてシミができてくると、早めに対策をしておけばよかったということになります。