健康のこと

【効果あり】モーニングルーティーンを決めると〇〇〇にいい

朝日
モーニングルーティーンって何なのか知りたい人や、モーニングルーティーンが決まっていない人向け。

最近、モーニングルーティーンのYoutube動画人気らしい..。こういった話をすると、すでに知っている人や知らない人が半々にわかれます。私もYoutube動画で自然とPick Upされていたので知っていました。

他の人のモーニングルーティーンを見てどうするの?と最初は思いましたが、意外と面白いなぁと思いました。動画に撮らなくても自分でモーニングルーティーンを作ってみると意外と一日のリズムが調子よくなるのでおすすめです。

 モーニングルーティーンとは

モーニングルーティーンとは、毎朝決まって行う習慣(ルーティーン)のこと。つまり朝の日課ですね。もともとは海外で流行ったのですが、日本では主に美容系のYouTuberさんや、今では一般の女性が朝の日課を動画として投稿しています。

例えば、バイリンガール英会話でおなじみのBilingirl Chikaさんも旅行先でのモーニングルーティーンを紹介しています。


出典:バイリンガール英会話 | Bilingirl Chika

もちろん、女性だけでなく男性のモーニングルーティーンを投稿しているYoutuberもいるので、みんな朝に何をしているのか?ということを気軽に知ることができます。でも、やっぱり見てどうするの?と思っている人もいると思います。

そこで、今回は「モーニングルーティーンを決めると〇〇〇にいい」をご紹介します。

 本コラムの内容

  • モーニングルーティーンの効果
  • 自分でモーニングルーティーンを決めましょう
  • ついでにナイトルーティーンも決めましょう

モーニングルーティーンのススメ

やる気
自分流のモーニングルーティーンを作ると自分の時間に集中できます。

モーニングルーティーンの効果

モーニングルーティーンでは素敵な女性や男性の日常生活を見ること楽しむことも効果の一つですが、やはり何といっても朝時間の有効活用です。

朝にダラダラ時間を過ごしてしまうと、大切な時間が無駄になりかねません。その点、モーニングルーティーンを決めておくと、朝にやるべきことがはっきりしているので、本当にやりたいことに時間がさけるようになります。

時間がないよ、という人にもおすすめです。

特に、モーニングルーティーンに簡単な運動を一つ入れておくと健康面でも習慣化しやすくなります。これが日中や夜にやろうとすると、何かしらのストレスや疲れでおっくうになりがち。朝なら基本は何もないので習慣化しやすいというメリットもあります。

自分でモーニングルーティーンを決めましょう

自分なりに朝ふとんやベットから起きて出勤するまでの日課を決めてみましょう。私は必要な作業を手順にしてモーニングルーティーンを決めています。

例えば、朝いちばんにお湯を沸かして、歯磨き→洗顔→珈琲を入れる→2分間のストレッチ→ブログ入稿といった具合に順番にしています。

これを数日続けてやっていくと、自然と身体が覚えていて習慣化されます。これのいいところは朝の大事な時間に迷う必要がないことです。

朝の時間は集中力が高くなることは、みなさんもご存知だと思いますが、いちいち朝に起きてから何をしようかと考えるのは結構ムダです。朝に決断をなるべく減らす、というのが意外と朝時間を有効に使うコツです。

ついでにナイトルーティーンも決めましょう

モーニングルーティーンを決めて習慣化することができるようになったら、ナイトルーティーン。つまり、帰宅してから寝るまでの夜の日課を決めましょう。

ただ、朝と違って帰宅時間や子どもの世話、家事など色々な要因が絡んでくるので、毎回同じルーティーンが作れるかというと難しいところもあります。

できるだけ時間を決めるのが望ましいのですが、せめて就寝する1~2時間前からルーティーンは作っておきましょう

特に、ナイトルーティーンに1日の振り返りや翌日の予定を簡単に立てておくと日々の時間に流されることが少なくなるのでおすすめです。

モーニングルーティーンは朝時間の有効活用におすすめ

最初は他人のモーニングルーティーンを見てどうするの?と思っていましたが、意外と朝時間の有効活用になることがあって色々な人にすすめています。最近は、モーニングルーティーンだけではなくナイトルーティーンも決めているのですが、やはり夜のルーティーンは難しいですね。