海外移住コラム

海外移住からの帰国前から考える、英語が活かせる仕事。外資系企業に転職もありかも。

英語が使える仕事がしたい。海外移住後に日本に帰国すると、英語を話す機会がなくなってしまう、もったいないですよね。どうせなら外資系企業や英語が使う仕事を探してはいかが。英語を使う仕事には、どのような仕事があるのでしょうか。

 

 

訪日外国人が増加。英語での接客なら、「小売業」

英語が必要とされる仕事は数多くありますが、最近では2020年日本開催のワールドカップで訪日外国人が増えることを見越して、小売業では英語が使える人材を求めています。今でも訪日観光客が1,000万人を突破し、免税店やアウトレットモールなどで求人が出ています。

 

英語が使えて国内外を旅するなら、「添乗員業」

日本国内で外国人観光客の増加に伴って、日本を旅行するブームが起きています。東京や京都をはじめてとして、地方にまでその波及効果が現れています。そのときに必要なのが、添乗員(ツアーコンダクター)。外国人観光客の助けになります。

 

でも、意外と日本のことを英語で紹介するのは難しいですね。ただ、これは経験でカバーできる要素なので、外国人観光客を相手に「日本のことを紹介するための説明力」が問われます。

 

関連コラム:ツアーコンダクターのリンク

 

本格に英語を使うなら、「翻訳業」


翻訳業といっても、日本語⇔英語の翻訳をするケースや、企業に中で海外との書類を翻訳するケースなど様々ですね。以前、働いていた製薬会社では海外医療機関のレターやニュース、トピックを日本語訳をつけて営業担当者に渡すという仕事もありました。

 

会社によって求めている翻訳スキルは様々なので、色々と探してみるのもいいかもしれません。もし、翻訳の仕事につきたい場合は、翻訳の学校に通ってから仕事を紹介してもらうケースもあるそうですよ。いずれにせよ、翻訳は本格的な英語力が必要ですね。

英語がしゃべれない?大丈夫です。日本で英語を少しでも使えるだけでも差別化できます。自分で英語レベルをはからないで、アドバイザーに相談してみましょう。英語レベルだけで転職できるわけではなく、もちろん経験や人物像などを総合しますから。

 

ワーキングホリデーや留学が終わって、日本に帰国する場合は継続して英語が使える環境が望ましいですよね。それには仕事で使うことが一番。この機会に是非、チャレンジしてみましょう。